タイムマネジメント・時間をにつくるには「体を鍛えましょう」健康になる

1日の時間が何もせず、あっという間に過ぎてしまう。

気が付いたらテレビみたり、ネットサーフィンしたり。

何か時間を有効に使う方法はないかな?

このような疑問にお答えします。

結論、タイムマネジメントを行い実行する。

その際に必要な健康なカラダも手に入れる為に運動をする。

それでは、なぜタイムマネジメントを行い・運動すると、時間を有効に使う事が出来るのか、

解説していきます。

✓本記事の内容

1、タイムマネジメントをおこなうには

2,最終目標の設定

3,スモールゴールの設定

4,優先順位設定(今やるべき事)

5,行動の視覚化

6,時に臨機応変な対応も

7,体調管理・健康

この記事を書いている私は、週一休みで隙間時間にスポーツや読書などを行い、

心身共に、日々充実した時間を送っています。

こんな私が解説していきます。

タイムマネジメントをおこなうには

タイムマネジメント、つまり時間を有効に使うためには、

資本であるカラダが健康である事が重要です。

限られた時間を有効活用するために、心身共に良いコンディションで生活を送る事が、

生産性を生み出して、より良いタイムマネジメントを行う事が可能となります。

それでは、本題に入ります。

ダイエット・痩せるには「運動・筋トレ・食事」その方法

最終目標の設定

先ずはゴールを決めてしまいます。

最終的なゴールが設定される事で行き着く道を作ることが出来ます。

例えば、当てのない道をひたすら走るのと、目的地に向かって走るのでは、

全く時間も意味も異なると思います。

ですので、先ずは目標であるゴールを明確に決める事が大事となります。

スモールゴールの設定

続いてスモールゴールの設定を行います。

大きな目標に向かうためには、1から100ではなく、段階的なゴールを決めていきます。

このスモールゴールを設定することで小さな達成感がうまれ、

次のステップにあがるモチベーションとなります。

例えば、富士山を登る際に、遙か彼方の山頂ばかりを見ていても、

なかなか辿りつかず辛いですが、五合目、六合目、七合目とスモールゴールを設定することで、

一歩一歩と着実にゴールを目指していく事が出来、モチベーションにもなります。

物事を行う際にもスモールゴールを設定することは重要かつ、

モチベーションを上げる要素になります。

優先順位設定(今やるべき事)

スモールゴールに向かって行う作業の効率を上げるために

「今やるべき事の優先順位」を付けていきます。

  • 今すぐ行う物事
  • 後でも出来ること

2択で選択して割り振ってしまい、今やるべき事に集中させていきます。

人間は欲張りで「あれもこれも」となることもありますが、

どちらかが疎かになるのは目に見えて分かることだと思います。

一点集中することで、効率も上がり結果的に「良い物が早く作れる」と思います。

 

行動の視覚化

次は計画表を作ってしまいます。

書き出すことで、視覚的によく見えて、より明確化になりますので、行動しやすくなります。

スタートから、スモールゴールがいくつかあり、目標ゴールにたどり着く。

その行動がしっかり計画表で視覚化すれば、後は1つ1つを確実に実行するだけです。

余計な悩み・選択もなくなりますので、集中して実行できますよね。

時に臨機応変な対応も

スタートからゴールまでの計画表を書いて実行しても

「予期せぬトラブルや変更したいこと」など随時思いつくこともありますよね。

「これは、こうしたらもっと良くなりそうだ!」

など実行している最中に思いつくこともあります。

この思いつく事も、大事な事だと思います。

ゴールに向かってより良い方向に向かうのなら、またチャレンジするためには、

プラン変更を臨機応変に対応することも時には必要だと思います。

結果として良い物が早く実行出来ることが重要で、ただ早いだけでは意味がなく、

その中の「質」にこだわる事が大切で、後からより良い結果が着いてくると思います。

そのために、2択思考を上手く使い、「YES or NO」と、

その場その場で判断することも大事だと思います。

ただし、完全に「いる・いらない」ではなく「今は必要ない・今行うべき」

後に行うといったケースも考えて、2択思考を行うと良いかもしれません。

2択思考では「知識・経験値、そして慣れ」が重要となるでしょう。

行動の順位を決め、わかりやすく視覚化する。

そして実行していき、実行最中には2択思考で瞬時に振り分けして行うと、

タイムマネジメントとして、有効な時間を捻出出来るのかと思います。

体調管理・健康

タイムマネジメントを行い、しっかりとした計画にのっとり行動するためには、

そのための資本である「健康なカラダ」が必要になってきます。

いくら入念に計画表を作成してスケジュール管理を行っても、

かんじんな自身のカラダが健康でなければ、実行することも出来ないと思います。

そのために行う事は生活サイクルをしっかり作り、管理することが重要となっていきます。

こちらもカラダのマネジメントになりますよね。

1日の規則正しい生活サイクルを作り実行する。

オンとオフの切り分けもしっかり行う事が重要です。

たえず、成果をあげよう、達成させようとがむしゃらに実行しても、

ストレスでカラダや脳がついてこれなくなります。

適度なリラックスタイムや運動をして、汗を流すことによってストレス解消が出来、

カラダも丈夫になれば、より早く行動を起こしたり、より良いひらめきが出るかもしれません。

これは、忙しい会社の代表やバリバリ働いている人ほど行う傾向にあります。

顔色の肌つやが良かったり、声が良く通ったり、見た目も動きも

エネルギッシュな雰囲気がありますよね。

ですので、リラックスすることや、運動してストレスの消化を行う事が重要となって行きます。

タイムマネジメント・時間をにつくるには「体を鍛えましょう」健康になる、最後に

タイムマネジメントを行い、時間を有効活用し、より良い1日を送り、

やりたいことに集中したり、成果を上げるためには資本であるカラダが重要

だと言うことがおわかり頂けましたでしょうか?

心身共に健康でより良い生活が送るために、カラダを鍛えておくことも必要と感じましたら、

実行する選択をとってみてはいかがでしょうか?

お読み頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

shigeseki
shigeseki
このブログでは株式投資・健康・学習について掲載しております。 趣味はトライアスロンです。 株式取引歴13年 フルマラソン:サブ4 IRONMAN3回完走 宮古島トライアスロン1回完走