ストレスで息苦しくなり「回転性めまい」で視界がグルグルまわった体験をブログに書いた

こんにちは。

✓ストレスって溜まりませんか?

✓めまいってしたことありますか?

わたしはあり、視界がグルグル回りました。

ほんと、マジで辛い。

今回は自身が過去に経験した『めまい』についてお話していきたいと思います。

ストレスで息苦しくなり「回転性めまい」で視界がグルグルまわった体験をブログに書いた

ストレスから突然襲った「息苦しさ」

ストレスから突然襲った「息苦しさ」

普段は仕事にスポーツのトライアスロンにと、健康的でどこも悪くなく充実した日々。

仕事は自営業で週6をバリバリ働くのが当たり前。

仕事終わりの21時頃からジムに通って筋トレしたり、外を走ったりアクティブな毎日。

そんななか、自身の家族が病気になってしまいます。

そういわゆる現在病でもある病気に。

今までは忙しくアクティブに行動していた私ですが、病気で融通がきかない家族に振り回されてしまいます。

言うことなすことが理不尽で、聞いているだけで疲れてきます。

運動時間も少しずつ減ってしまうはめに。。。

そんなある日の出来事です。

家族間の問題で我慢を強いられ、積もり積もったストレスが「どんどん」たまり爆発しました。

夜中に突然ですが「よくわからない息苦しさ」に襲われる。

ゼーゼー、ハーハー

全力疾走した後みたいに息切れし、全身は汗でびっしょり。

胸を締め付けられるような感覚で、このまま窒息するのではないか?と思ったほどです。

こんな悪夢のようなことが起きるとは思いもしないし、変な夢なんじゃないかと思いましたが「確かに現実」でした。

呼吸が出来なくなると考えると、ホント恐ろしくイヤな気持ちになりました。

視界が回った!!「回転性めまいのはじまり」

視界が回った!!「めまいのはじまり」

その次に起きたのがめまい。

ストレスで知らない間にカラダに負荷がかかっていてたようです。

夜中にパッと目を覚ました瞬間、視界の景色が「時計まわりにぐるーっと回っていく」感じ。

真っ直ぐ起き上がれない!斜めに傾いていく!

コレはホントキツい!先ず起き上がらない!吐きそうになる!頭が重い!そこから大量の脂汗。。。

こんな思いをするのは、人生で初めてかもしれないと感じました。

気持ち悪い!!!

例えるならバットを立ててグルグル回った後のあの「クラクラ感を10倍以上」にした感じ。

大げさではなく立つことも出来ず、本当にひっくり返る状態。

うつ伏せで這いつくばって治るのを待ち、なんとか座ります。

この状態でも目を開けていないと、またグルグル回るんです。

朝から30分位起き上がれず既に疲れ果てていましたが、そのまま仕事です。

疲労困憊からの仕事は本当にキツかった。。。

私がおこった目眩の怖さは、仮眠をとっても起きてしまう事

朝の疲れをとろうと目をつぶって仮眠を10分でもしようものなら、また「視界がグルグル回る」

夜中に目が覚めてしまえば「グルグル回る」

1日に何度もグルグル、グルグルまわり疲労困憊になった事を記憶しています。

どうにもならず、病院に行きました。

医療機関で診察

医療機関で診察

早速ふらふらのカラダをおして病院で診察してもらいました。

結論は、「ストレスからの回転性目眩」。

「最近ストレス感じていませんか?」と見抜いたような質問でした。

かかりつけ医でしたので事情は知っていて、ストレスだろうと思いましたが「念のために脳のMRI検査でチェックしてみましょう」とのことでした。

と言うことで、予約して検査を。

結果は異常なし。

脳には異常が見られないとのことでなんだか安心。

ではしばらく安静にして、「めまいを軽減する?薬を飲みましょう」と処方されました。

実は親が過去に三半規管の耳石が動いて、めまいが起きた際にMRI検査してたんですよね。

私の場合は脳ではなく、どうやらストレスだったようです。

お薬を飲みながら、様子を見ることになりました。

呼吸法を教えてもらった

呼吸法を教えてもらった

お薬をのみ、安静にしつつも仕事は休めず継続。

まー、仕方ない事なんですが、そんなあるときにスポーツをやっている友人が訪ねてきました。

世間話をしつつ「実は最近めまいに襲われて大変なんだよ」とこぼしました。

それを聞いた友人が「呼吸法を意識して見たらどうですか?」とアドバイスを。

実はその人も昔に「息苦しさ」を感じた経験があったようです。

友人の母親は気功をやっていたそうで「逆腹式呼吸」をやってみたらどうですか?と教えてくれました。

腹式呼吸は知ってるけど「逆」ってなんだ?と疑問に思いやり方をレクチャーしてもらうことに。

やり方は至って簡単。

腹式呼吸でお腹の凹凸を普段と逆にするだけ。

  • 息を吸うときにお腹を引っ込める
  • 息を吐くときにお腹を膨らませる

座っても良いし、布団で仰向けになって行なっても大丈夫ですよ!!

布団ならそのまま「ゆったり落ち着いて」寝てしまいますよ。

ゆっくり深く行なってみてくださいね!!

こんな感じでレクチャーされ、わらにもすがる思いで早速じっせんすることに。

薬の処方と逆腹式呼吸の2つの方法で改善をこころみました。

とにかくやってみる。。。

回転性めまいは2週間くらいでよくなった

回転性めまいは2週間くらいでよくなった

様子をみながら「めまい」が、じわじわ回数も少なくなりました。

2週間くらいで無事めまいから回復したかな。

結果的に過剰なストレスの負担って、想像を越えて影響するものだと実感しました。

ようやっと、もとの生活に戻れて一安心です。

そこで思うのが、ストレスからくる「めまい」がおきないためにはどうするべきでしょうか?って事なんです。

答えは「ストレスをためないこと」これしかないですよね?

とはいっても、ストレス社会と言われる世の中では理不尽なことも多ければ、余計な情報も多い。100%ストレスをためないことって、なかなかむずかしいですよね。

そこで思うのはこちら。

  • いかにストレスを軽減できるか?
  • ストレスを感じさせないメンタルの強さを身につけるには?
  • ストレスを発散するためには何を行うべきか?

ストレスを軽減させるためには

  • ストレスを軽減させるためには、結論は楽しいことを行う。
  • 無駄な情報は省いて、脳の負担をへらす。

嫌なことに縛られ・固執し、いつまでもイライラしているって最悪な状態。

さっさと忘れてしまい、自身の楽しい事・やるべき事を行う方が幸せな気持ちになれるはず。

いかに幸福度を高めるかがポイントなんだと思います。

ポジティブで良いことに集中してるとしあわせそうですよね。

ストレスを感じさせないメンタルの強化は

メンタルを強くするにはカラダを鍛えること。

筋トレを行う、スポーツをする。

ジョギングなどをコツコツ行なう事。

地味になにかを成し遂げる行動って、メンタル面に強く影響しますよね?

このような行動が出来るようになると、少々の事では「折れない心」を手に入れることが出来るはずです。

私の場合は、トレーニング時間が減ってしまった、なくなってしまったことでバランスが崩れたのだと思います。

やはり汗をかいて一生懸命トレーニングする事で、ストレスを消化していたのだと。

ストレスを発散するために行うべき事

結論は、楽しい事や趣味をふやすこと。

その趣味を楽しむことです。

一番大切なのは「自身が楽しい事」を行なう事です。

時間を忘れて幸せな気分になることってだいじですよね?

読書したり、音楽を聴いてみたり、旅行かもしれません。

私の場合はスポーツでカラダを動かすことでした。

好きな事に時間を作って楽しむ事って必要なんだと。

「回転性めまい」のブログ:まとめ

人間は誰しもストレスを感じることがあります。

ストレスで私の「回転性めまい」のようにカラダに異変が起こる前に、発散する方法を習慣化しておくことが大切なのだと思います。

ストレスを無くし、よりよいライフスタイルを気づきあげて欲しいと思います。

お読み頂きありがとうございます。

この記事を読んだ方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です