読書をすると人生が楽しくなります。(おすすめツールあり)

あなたは読書はすきですか?

夜長に布団で読書、ソファーでくつろぎながらの読書。

自身の好きな本を手に取り、本の世界に深くのんびり入り読んでいく。

あなたが好きな本は何でしょうか?

リスペクトする著者は?

読書をすると人生が楽しくなります。(おすすめツールあり)

本の魅力は

読書好きなら想像出来ると思いますが、本は1度読み始めると文字の世界観が楽しくて、いつまでも時間を忘れて読んでしまいますよね。

ベッドの上で読むと気持ちが良くて、そのまま寝てしまったり。

文字の世界観は活字を読むことによって、人それぞれ想像出来る事。

その人・その人によって感じ方、捉え方は変わっていきますよね。

だから面白く、また次の本・また次の本と文字の世界に引き込まれていきます。

本は読むことで、想像します。

想像する事で、脳に刺激も与え、新しいものつくりや発想にもつながりますよね。

ジャンルは何でも良いのかと思います、推理小説でもアニメの小説でも。

大切なのは、読んだ人がどのように感じ取るか?だと思います。

とらえ方の視野を広げると、マンガでも新しい発見や学習につなぐことが可能ですよね。

意識して読んでは、思い返すことが、新しい発見につながるのかもしれませんね。

それでも読書・活字はちょっと苦手なあなたに

それでもなかには読書は苦手だなぁ、と思う人もいるかと思います。

そんな人苦手な人が読書をするなら、読まなければ大丈夫です。

「えっ!!」って思いました?

こたえは、Amazonのオーディオブックです、本を読む必要がありません。

想像してみてください。

プロの声優さんや俳優さんが、感情を込めて雰囲気のある声で「読みたい本を読んでくれる」ことを。

オーディオブックが読み聞かせを可能にしてくれます。

これなら、読書が苦手な人にも聞くだけで大丈夫です。

しかも、一定期間は無料です。

本選びもお気軽に出来る

本はネットでサクッと注文するのがべんりです。

当たり前ですよね。

Amazonでポチッと押せば、数日後には本が届く。

最近では中古本でも、よい品物がたくさんありますよね。

たくさん読みたいと感じていましたら、中古本をAmazonでクリックするだけです。

ですが本はたくさん読みたいけど「かさばって嫌だな!」、と思う人もいるかもしれません。

そんなときの解決策は電子書籍がべんりですよね。

スマホでも簡単に沢山の本が読めますね。

旅先のホテルなどで読むなら、電子書籍の方が荷物にならなくて良いかもしれませんね。

その場・その場にあったシーンで選び、活用するのが賢い使い方だと思います。

要約サービスで時短読書

たくさんの本を読む際に、購入してからだと内容が自分の読みたい物か分からないな!?

こんなことってありませんか?

もし気になる本が約10分で要約して、わかりやすく伝えてくれたら便利ですよね。

気になる本を1冊で10分だったら、とりあえずチェック出来そうですね。

ここからは、読んで面白かった本をご紹介してみたいとおもいます。

あなたにとって読みたい1冊になれば幸いです。

読んで面白かった1冊

渋谷ではたらく社長の告白  藤田 晋

サイバーエージェントの代表で、アメブロで有名ですよね。

中身は、自身の半生、挫折と成功、そして苦悩を書いた本です。

びっくりするくらい読みやすく、一気に読めてしまうほど引き込まれました。

実際に2日で読んでしまいました。

これから何かに挑戦したいと思っているなら、読んでも損は思います。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

ホームページや、ブログのライティングに関する本です。

漫画仕立てにストーリー性を展開させながら、学習出来る1冊です。

これからブログをはじめる方には、特に参考になると思いますよ。

杉原千畝(すぎはらちうね)

第二次世界大戦の戦争時、ユダヤ人のために「日本通過ビザ」を発給した人物が杉原千畝です。

杉原千畝自身の信念を貫き通した時代のお話です。

岐阜に記念館があるほどの功績を出した方。

父 吉田茂

「戦争に負けて、外交に勝つ」

「バカヤロー解散」などで有名な、日本内閣総理大臣です。

吉田茂の半生を間近でみた、麻生和子さんが書いた書籍です。

大磯に「吉田茂記念館」があるのは有名です。

バカヤローオブジェも存在しますよ。

走ることについて語るときに僕の語ること 村上春樹

作家として有名な村上春樹さんの1冊。

フルマラソンを走ってみたい!と思い購入した1冊。

村上春樹さんの世界観を感じながら、マラソンに目を向けたくなる1冊です。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 長谷部誠

ワールドカップで、主将としてチームを束ねた立役者。

どこまでも自分にストイックな人だな、と見習いたくなる1冊です。

タイトル通り「心を整える」ために、実際に行動したことが書かれています。

メンタルコントロールや、サッカーファンにおすすめの1冊です。

読めば読むほど面白い『古事記』75の神社と神様の物語 由良 弥生

日本が世界に誇る神話『古事記』について、わかりやすく、かみ砕いて読める1冊。

日本の歴史、昔話を楽しく読める1冊です。

堅苦しくない、神話の入り口としておすすめの1冊です。

読書をすると人生が楽しくなります。(おすすめツールあり)最後に

いかがでしょうか?

様々なツールを活用することで、もっと本をを読みたくなりそうですね。

素晴らしい読書ライフを満喫していきましょう♪

お読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です