行き詰まった時にも継続してみましょう(積み上げ大事、強みになる)

こんにちは。

今回は、様々な要因で行き詰まった時にも、継続してみましょう!

と言う内容でお話していこうと思います。

私はこのようにツイートしました。

継続は強みになる

日々の仕事にしても、学習にしても、どこかで行き詰まる事ってありますよね。

そんな時でも、やりたい事でしたら継続することをおススメします。

なぜ継続するのか、結論から言うと「継続し、積み上げる事で見えてくる物がある」からです。

この記事でわかる事
  • 最初から出来る人はいない
  • ピンチはチャンス
  • 専門性が高まる

早速ですが詳しく説明していきたいと思います。

最初から出来る人はいない

初めて行う作業や工程、学習や動作。

このような事はゼロから初めて、パッといきなり出来てしまう事は先ずありません。

その際に、上司や先輩、又は知識のある人に聞いてみる。

もしくは自身で調べてみる、など解決策を探しますよね。

知識を入れて見ても実際に活動すると、一回やって失敗、続いて行い、まだなんか違う。。。

こういう事はよくありますよね。

解決方法としては、同じ作業を繰り返し行うことです。

何回も、何回も、反復して行う事でカラダが慣れていきます。

要するに、頭で考えなくても自然と出来るようになります。

私の経験ですが、水泳のクロールがなかなか上手く出来なくて、いつも苦しくてやめようと感じていました。

それでも毎日・毎日反復練習を行う事で気がつくと「あれっ!!なんか苦しくないし泳げる」と言った感じがある日突然訪れたりします。

自身に必要なスキルであれば、反射的に使えるまで磨いてみましょう。

ふと気がつくと「アレ!!こんなに当たり前に出来る」なんて日が来るかもしれません。

ピンチはチャンス

行き詰まった時に「あーマズいなー」と思い、やめようかな、、、

なんて思うこともありますよね。

やめる前によく考えて欲しいのですが、そのいき詰まったピンチは、チャンスではないかと言うことです。

結論から言いますと、「ピンチを克服すれば伸びしろ」になるからです。

大半の人は、適当なところで妥協して諦めてやめてしまったり、他の人に投げてしまうこともあります。

別にいけないことでもないし、ビジネスなら効率化で、専門分野に任せるのも全然アリだと思います。

ただもったいないですよね。

このピンチを自身のチカラで乗り切ることが出来た際に恩恵があります。

挑戦し達成が出来ると自身の「新しいスキル、メンタル向上」につながります。

自身でやりきるチカラが備わりますので、次にピンチが来ても、おそらく乗り切れると思うはずです。

苦難を乗り切るからこそ、経験値が高まっているからですね。

自身で行う事は身になりますので、新しいスキルとして自分のものとなる。

つまり資産ですよね。

出来ない!と思うことをやりきれば「メンタル」が必然的に強くなります。

次に何か問題が起きた際に「この間のピンチに比べたらなんてことは無い」と思えるはずです。

強みでアリ、経験値ですよね。

人生で一番苦労したことを思い出してみるとよいですね!!

その苦労を克服していれば、これ以上につらい物はないから出来る!!と思えるはずです。

無理だなと思うほど、やりきってしまえばチャンス、自身の伸びしろとなることでしょう。

専門性が高まる

物事にいき詰まり、継続して行うと「専門性が高まる」事になります。

1つのことに対して、たくさんの時間を使い、学び経験し、向上する。

この積み上げが長く続くことで、1つの分野に対して詳しくなると思います。

積み上げてやりきれば、自身の経験から解決策も即答できます。

時間をかけて問い続けた分だけ知識と技術が向上するはずです。

例えるなら「職人の世界」が近いと思います。

日々、同じ内容を寸分狂わず行い続けるには、たくさんの積み上げる時間が必要です。

何回の何回も行うことで熟練度が増していきます。

この積み上げが専門性が高まることになります。

とことん反復練習を行い、実践していくことが大切ですよ。

反復練習を行い続けることで現在のスキルは当たり前になります。

そうなると、更に一歩踏み込んで専門性をあげて挑戦することが可能になりますよ!!

1つの分野で誰にも負けないスキルが身につくことは大切なことだと思います。

挫折しても、挑戦することがだいじですね。

全件自社案件に携われる!数十を超えるメディア運営数!
IT総合商社のクリエイティブチームでフルスタックエンジニアを目指せます。
勤務初日からリモートOKのミドルベンチャー企業で働きませんか?

まとめ

何事においても諦めずにやってみる。

継続して行う事で、自身の成長・強みにつながっていきます。

お読み頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です