どうすれば整理整頓できるのか(お金も貯まります)

いつも色々と買い物をしてきていつの間にか物であふれかえってきてしまう。

同じ物を2つ買ったり、似たような物もあるし。。。

良くある話ですよね。

こう言った疑問にお答えします。

早速結論ですが、整理整頓するです。

当たり前ですよね。

どうすれば整理整頓できるのか(お金も貯まります)

この記事で分かること
  • 整理整頓する
  • 無駄に物を買いすぎない
  • ミニマリストを目指す

早速解説していきます。

整理整頓する

早速ですが整理整頓を行う事は非常に大切だと思いますがいかがでしょうか。

もしかすると大切だと思うかもしれませんし、そうでも無いかもしれません。

そして、その理由は片付けが苦手という理由なのだと思いませんか。

重要ですので詳しく解説していきます。

身の回りが汚れていると

身の回りが綺麗に整っていると、スペースが出来て部屋が広く感じますよね。

これが、もし物が積み重なったりしていると、なんだか乱雑な感じがしますよね。

一度「まっいっか」と積み重ねてしますと「ズルズル・ズルズル」同じ事をして、部屋が汚れていきそうですよね。

こんな事が良くあると思います。

積み重なって乱雑になった結果がどうなるかというとこちらです。

  1. 物を積み重ねる。
  2. 奥や下にある物が何か分からなくなる。
  3. 引っ張り出すのが面倒で使わない。
  4. いつの間にか忘れてしまう。
  5. 同じ物をまた買う

忘れて同じ物を買い浪費する

先ほど紹介した行動をすると、また必要と感じます。

「あれっ、同じ物を買っている」このような悪循環を繰り返しそうですよね。

つまり、奥にしまってしばらく使わない物や、下敷きになっている物は、そもそも必要が無いと言うことがわかりそうですよね。

使わない物に費用をかけて、奥にしまい込んで忘れて又購入する。

この結果、「ドンドン無駄や浪費が増えていく」事になりますよね。

どうすれば整理整頓を出来るのか

先ほど話したようにならないためにも、日頃から整理整頓すること。

行動することが大切なのか、分かると思います。

「でもついつい買ってその辺にポンと置いちゃうんだよね」

よく分かります。

みんな同じような事を行うから物がたまるし、買い物に行けば又買ってきてしまいます。

そのためにも先ず行うべき事は、整理整頓をすることが重要をなります。

具体的な整理整頓するやり方

まず最初に行う事は、1度全ての物を出して区分します。

  • 入らない物
  • 本当に必要な物
  • 必要かどちらか悩む物

この3パターンに区分けしてしまいます。

1:入らない物

最初に入らないと思った物はドンドン思い切って処分してしまいます。

処分することで確実にスペースが出来ますよね。

また、処分することで、「もう余計な物は買わない」と戒めにもなりますね。

2:本当に必要な物

次に必要な物を整理しながらしまっていきます。

カラにしてあるので、スペースは沢山出来ていると思います。

しまう際には詰め込みすぎないように、整理していくことが大切です。

詰め込みすぎてしまうと、「どこに何があるのか」が判別できなく、また積み上がります。

わかりやすく配置していくとこが大切です。

3:必要かどちらか悩む物

次に必要かどちらか悩む物です。

簡単に判別する方法を紹介していきます。

結論、1年間使っていない物は処分するです。

なお高級で長く使える物や、冠婚葬祭など行事に必要な物は対象外です。

つまり、1年のサイクルで全く使わなかった物がありますよね。

1年を通して使用しない物は、来年も使わないと言うことが分かると思います。

「いやーもったいないから」と思うかもしれません。

しかし、そのもったいないことをして、寝かせているのは自身であるという自覚をしましょう。

まとめ

  • 必要ない物は処分
  • 必要な物を配置する
  • 悩む物は使用頻度をみる

無駄に物を買いすぎない

先ほど書いたことに関連していますよね。

そもそも必要であるのか分からない物は買ってこないことです。

物が整理され、自身の所有している物がわかると、同じ物は買わなくなりますよね。

整理された空間に「本当に必要な物なのか」考えてみてください。

意外と入らない物の方が多い気がしませんか。そうでもないですか。

まず最初に「これ本当に必要なのかな?」と考えるクセを付けると良いですね。

もしかすると「必要かそうでないか分からないから、悩んで買ってしまうよ」とおもうかもしれません。

おそらくですが、自身は飽きっぽかったりしませんか。そうでもないですか。

安かろう悪かろうはなるべく買わない

良くあるパターンなのですが、「安かろう悪かろう」を買うと飽きてまた購入する。

こういったケースが多いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

良く考えてみてください。

高い費用を支払う物って価値が高いと感じますよね。

大事なお金を沢山使うと、当然ですが大切しますよね。

では想像してみてください。

その逆、つまり安い物を購入した時はいかがでしょうか?

なんとなく汚れても「安いからまっいっか」と感じませんでしょうか?

明らかに高い費用をかけた品物と比べると、安物は扱いが変わりますよね。

そして飽きたら奥にしまわれ、気がついたら忘れて全く使わない。

こんなケースが多いように思います。

つまり、悩むようなら中途半端な物は買わないようにする。

その分、たくさん買わないけど良い物を1点購入するです。

きっと、あなたにとって「お気に入りで大事にするであろう」と想像出来そうですね。

物も無駄に増えず、整理整頓され、良い物を長く重宝出来るという事です。

物を大事にして、こわだりがあって良さそうだと評価もされるかもしれませんね。

ミニマリストを目指す

こちらも先ほど書いたことに関連していますよね。

  • 整理整頓し、部屋が綺麗になる。
  • 良い物を長く使い無駄な買い物をしない。

つまり、余計な物を増やさない事で、ミニマリストを目指す事が出来ますね。

と言うか、既に上記の作業を行う事で、ミニマリストになっていると思います。

今まで書いて事を思い出してみてください。

もし分からないようでしたら、繰り返し読み直してみましょう。

今一度復習します。

整理整頓する為に行う事
  • 物を分別する
  1. 本当に必要な物
  2. 入らない物
  3. 必要かどちらか悩む物に分別
  • 1年使用しない物は捨てる
  • 安かろう悪かろうをしない
  • 購入する前に1度本当に必要か考える
  • 良い物を長く使う

この作業を行うことで部屋が綺麗になると想像出来そうですね。

最後に

最後に、無駄な買い物が無くなり、浪費が減ることは非常に良いことです。

使わなくて良いお金だったわけです。

その分ですが貯金も出来ますし、学習にも使えますよね。

憧れの良い物を買う費用も捻出出来るかもしれません。

何より、整理整頓することで「自身の管理能力」が向上しますよね。

この記事を読んだ後に、あなたは先ず何から実行しますか?

全ては一歩前に前進する「自身の行動力が大切」になるとおもいます。

それでも「どうしても出来ない」という方には、プロに任せる事もできます。

その際には整理整頓するポイントをしっかりチェックしておきましょう。

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

shigeseki
shigeseki
このブログでは株式投資・健康・学習について掲載しております。 趣味はトライアスロンです。 株式取引歴13年 フルマラソン:サブ4 IRONMAN3回完走 宮古島トライアスロン1回完走