RBLX:ROBLOX:米国株のIPO「ホットディールです」

こんにちは。

今回はホットディールなIPOをご紹介します。

ROBLOX:米国株のIPO「ホットディールです」

ROBLOXはレゴをモチーフにしたゲームを作るゲームです。

IPOは延期となりました。

ニューヨーク証券取引所上場ターゲット日は3月10日。

皆さんもチェックしてみてはいかがでしょうか?

早速ですが、ROBLOXの参考動画はこちらです。

ひろはす ゲームクリエイター養成所さんの動画です。

「Robloxとは何か、ゲームの作り方、収入を得る方法を解説します」

ひろはす ゲームクリエイター養成所さんの動画を参照

ひろはす ゲームクリエイター養成所さん、貴重な情報をありがとうございます。

ROBLOXとは

ユーザーが作ったゲームを、オンラインでみんなが遊ぶものがROBLOXです。

ゲームと言うよりプラットホームに近い感じですね。

ROBLOX公式HP

現在は小学生以下に爆発的人気だそうで、月間アクティブユーザー数1億人です。

子供たちの流行っている3大ゲームはこちらです。

  • マインクラフト
  • フォートナイト
  • ロブロックス

この中で、ユーザー数がナンバーワンがロブロックスです。

対応プラットフォームはこちらです。

  • Windows
  • Mac
  • ios
  • Android
  • fireOS
  • Xbox

現状はPCとモバイルがメインとのことです。

ゲームの種類は言うまでも無く、膨大な数があるそうです。

各ゲームのアイコン下に、現在遊んでいる人数が数値化されています。

リアルタイムで万単位で遊んでいる人がいるそうです。

この数値から、ユーザー数もおおいことがわかります。

開発者は

作っている開発者は、200万人以上いるそうです。

開発者たちの収入総額は260億円にのぼるそうです。

1番稼いでいる開発者では、年収が2億円にのぼるそうです。

10代の学生でも月収が100万円を超える事例もあるそうです。

非常に夢のある話ですよね。

収入の得る方法は

ROBLOXの特徴として、ゲームを作ったユーザーに対して、収入が入るシステムになっています。

ROBLOXの中にRobuxと言う専用通貨があります。

このRobux・ゲーム内通貨を利用して、アバターの衣装を買ったり、ゲーム内のアイテムを買ったり売ったり出来ます。

このRobuxが現金に換金出来るシステムになっています。

つまり、自分が作ったゲーム内のアバターの衣装や、アイテムを売ったりしてRobuxを稼ぐことで収益化が可能になるシステムです。

収益化の条件はこちらです。

  • 年齢が13歳以上
  • 10万以上のRobuxを所有(価値はだいたい10万円くらい)
  • Robux premiumメンバーであること。

Robuxpremiumメンバーは月額でお金を払う事です。(月額500円からです)

YouTubeのpremiumメンバーを想像するとわかりやすいですね。

補足ですがRobux premiumメンバーに加入していないと、アイテムの売買が出来ません。

ゲームの作り方

Roblox Studioと言うゲームを作る専用エンジンが用意されております。

こちらの専用エンジンは無料配布されています。

Unityやunredl EngineよりRPGツクールにようにライトな感じの専用エンジンです。

Roblox Studioは素材を並べてゲールを作るために、難易度は低いようですね。

ゲームの作る言語はLua(ルアー)です。

C言語に比べたら簡単なプログラミング言語であるようです。

ゲーム配信はGame settingから「アイコン・タイトル・説明文」を設定します。

FileからPublish to Robloxを押すだけです。

これで自身のゲームがROBLOXで世界にむけて配信出来るそうです。

ちなみに審査も現在は取り立ててないそうです。

デザインが得意でしたら、アバターの衣装を販売するだけでも収益を出すことも可能だと思います。

ROBLOX:米国株のIPOまとめ

ROBLOXの中身について解説していきました。

米国誌「Fast Company」の最も革新的な企業トップ50で、2020年:9位を獲得

これだけ魅力的な企業が米国株でIPOするわけですから、期待が持てそうですよね。

IPOの手法はダイレクトリスティングです。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です