文章の書き方(ブログで書くコツ)

想像してみて下さい。

あなたのグサッとささる言葉は?

文章において「一生懸命伝えるように書く」より「簡単な文章で想像させる」事の方が実は読者を動かしやすい。

文章を書く際に使う、ライティング技術ですね。

こんにちは。

今回はブログなど文章を書く際のコツについて、お話ししていきます。

文章の書き方(ブログで書くコツ)

あなたは文章を書くときに、思ったままにひたすら書いてしまうことはありませんか?

いざブログや記事を書いてみると、なかなか読まれないですよね。

本当は、「もっと楽に刺さる文章が書ければな!」と思いながらも、必死に書いている事ってありますよね。

このような事にならないように、使える文章テクニックをご紹介していきます。

文章は短くする

結論ですが、文章は手短にすることが大切です。

「1つ1つを丁寧に、長文でこと細かく説明し、詳しく専門用語を巧みに使用して、起承転結をいれて説明する」

読んでもらった通りこれでは「何が言いたいか、わからない」です。

文章は短くわかりやすく完結にです。

読者に想像させる

ブログを読ませる記事に、あれこれ全て書く必要は無いです。

必要なのは相手に想像させることです。

「南国を想像してみて下さい」

こう聞かれたあなたは、様々な南国の情景が思いつくと思いますよね。

つまり、読者に想像させることで、答えを読書自身に引き出してもらう事がです。

続いても1例を出していきます。

まだ間に合います!!!

このフレーズからあなたはなにを想像しましたか?

そう、自分に思い浮かぶ様々な「間に合うであろう」もの事を想像すると思います。

人は自身の思うことを想像させる、これがコトバのチカラです。

もう一つ書いてみます。

お急ぎください!!!

こう言われると一瞬「えっ!何が!」と「はっ!」となりますよね。

人は何かに急がられると一瞬思考が停止します。

この状態を利用して、惹きつける文章を持っていく事も可能です。

人の損をしたくない欲望を利用したテクニックです。

HARM:ハームの法則を使う

HARM:ハームの法則を上手に使って読者に想像させます。

その想像に当てはまる物事を、よりわかりやすく解決する事で文章が作れますね。

ハームの法則:H

Hはヘルス、つまり健康です。

いつの時代も、どの世代も健康でいたいですよね。

世代によって言い方を変えると、より効果的です。

30代ならこんな感じです。

「そろそろ脂肪が落ちなくなってきたあなた!そんなあなたがいま行う事は?」

あなたは今、健康的な暮らしをしていますか?

お家時間は充実しているけど、最近体型がね。

でも、確実に成果を出して体型維持をしている人がいますよね?

その差は何だと思いますか?

相手に想像させ、その悩みに「グサッ」ささるキーワードを入れていきます。

ハームの法則:A

Aはアンビジョン、夢や将来です。

あなたの将来に不安はありませんか?自身の未来の為に今、出来る事は?

○○を行うと未来の一歩になるかもしれませんよ♪

このように相手の不安にグサッと刺さる質問をします。

年代によってよくあるケースを題材にします。

その悩みを解消させ、納得させたうえで訴求を行うことです。

ハームの法則:R

Rは人間関係・恋愛関連です。

想像してみて下さい。

会社での人間関係って大変ですよね?

こんなことを言われると、様々な情景が浮かび上がると思います。

返す言葉は例えば、こんな感じに。

そんな時に行う事は、転職の準備をしましょう。

いきなり転職するのではなく、先ずはスキルを磨きましょう。

そうすれば自身のやりたい環境で出来ます。

このように解決策を書いていきます。

ハームの法則:M

Mは1番わかりやすくmoneyです。

みんな稼ぎたいですよね。

たくさんの収入があったら何をしますか?

様々な想像しちゃいそうですね。

では、たくさんの収入を得るためには○○しましょう!

そのためには○○を有効活用し、行動してほしいですね。

このような感じで解決策を出してみましょう。

ハームの法則を使用することで、読者の心をつかむことが容易になります。

ぜひ試してみてください。

読書をする

やはり思いますが、文章を書くなら本は読んだ方がよいです。

読書して本から学習するだけで、スキルを上げるキッカケになります。

ポイントは読みながら、気づいた点を実際に活用すること。

小さな事でもやってみると、結果が変わってくるはずです。

なぜなら、プロの作者は読ませるための、あらゆる工夫をしているからです。

「ぐっ!」と引き込まれ、あっという間に読んでしまうことってありますよね。

学習しましょう。

忘れる前に使ってみる

先ほど学習のために読書してくださいと言いました。

では想像してみてください。

1冊の本を読み終わった後を。

翌日にどこまで覚えていますか?

おそらくは「よくて内容の半分、もしくはそれ以下」だと思います。

つまり、読書スキルを使用するなら、忘れないうちに「読みながら行う事」が重要です。

気になる部分があれば即使う!です。

何度も反復する

学習するなら何回も反復して使う。

1回や2回、10回でも出来ない事の方が多いと思います。

スキルの高いものなどは特にたくさん行うべきです。

やることは同じです。

子供の頃を思い出してみてください。

失敗しながら「何回も何回も同じ事を反復練習したことを」

無意識化するまで、すり込むことが重要です。

自分の中で、自然と出てくるまで繰り返すします。

赤ちゃんが同じ言葉を何回も言い続けて覚えるのと一緒ですね。

会話文を使う

文章は会話調に書いていくとよりイメージしやすくなります。

文章を書く時には、会話するかのように書いていくといいんだよ。

なんで?

何でって?固い文章より会話のほうが読みやすく、内容が入ってくるでしょ。

話の内容もあげて、下げて、また上げると抑揚が出るんだよ。

やってみよう(・∀・)b

このような会話文だと読みやすいとおもいませんか。

文章校正

文章を書いていくための構成はこちらがおすすめです。

  1. タイトルであなただけにわかる特別感。
  2. 最初はポジティブに書く。
  3. 途中からネガティブ要素もいれ落とす。
  4. 今一度ポジティブに押し上げる。
  5. 追伸の余談で行ってほしい確信に迫る。次回予告風に。

1、タイトルで最初のつかみをとります。

例えば有能な方は、会話の初めで「グッとささる一言」で相手を引き付けてしまいます。

特別な一言でスイッチを入れさせましょう。

2、出だしの内容はポジティブに書きます。

ネガティブな要素が先にあると、読む気力を失いますよね。

最初は前向きな言葉を使いましょう。

3、途中でネガティブ内容も入れていきます。

なぜなら、よいことばかり書いていると信用されないからです。

なので、あえてデメリットも書いていきます。

4、またポジティブな話に戻します。

デメリットも踏まえたうえで、それ以上にメリットがあることを伝えます。

いいことばかりではないけど、それ以上にお勧めできる自信と理由になりますよね。

5、最後の追伸や余談で確信にせまります。

なぜなら、ひとは「おすすめです!!」といわれても、押し売りのようでyesといわないからです。

最後にさりげなく置いておくくらいに伝えるのがベストです。

なので、本題からあえて外していきます。

とにかく書いてみる、そして考え続ける

なにより先ずは、とにかく書いてみることです。

書かないことには何も始めりません。

記事を書いて本などを読み学習して、また記事を書く。

プロのライターでもない限り、いきなりうまい記事を構成するのは至難ですよね。

書いて失敗して学習して、また新しいスキルを入れてみる。

書くだけなら、誰でも書けると思います。

100記事くらい書いて、ようやくスタートなんだなと思います。

考え続ける

1日24時間のうち「何度も、何度も、渾身の文面を考える」

ご飯を食べていても考え、何かに触れては想像する。

例えば読書の一文から見える景色を想像し、自分の言葉・文章として落とし込む。

あらゆるもの事を文章化することです。

思う事、目標にしていること、チャレンジしたいこと、全て紙に書き出してみる。

紙に書き出してみると、頭の中で考えていた事より具現化されやすい

要するに文字と言うキーワードが、目に見えるようになったからです。

思考だけではなく、先ずは書き出してみる。

テレビからも学ぶ。

番組の構成や言葉のいい回し、CMは特に見え方が変わります。

このフレーズの意味・煽る要素・未来をイメージさせる情景、見え方が変わっていくはずです。

業界から学びます。

最後に

文章で一番怖いのが誤字脱字です。

1文字間違えただけで、全く異なる意味文章になる可能性があります。

そう言う意味で「ことばの力」の凄さを目の当たりにします。

文章術を学ぶ事は、ブログなどを書く際に必要なスキルだと改めて感じますよね。

ブログなど文章に触れることで、本を読む機会がたくさん増えると思います。

学習することが非常に非常に多くなることでしょう。

普段、見流していたものも、捉え方に変化が起こります。

「そのロジックはこういう意味だったのかー」と気がつく場面も。

新しくいろいろ試してみて、新しい発見ができればなによりです。

お読みいただきありがとうございました。

この記事の参考はこちら

気になりませんか?文章の本質って?

1行の文章で人を動かすことが出来るとしたら、これほど強いライティングは無いと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

shigeseki
shigeseki
このブログでは株式投資・健康・学習について掲載しております。 趣味はトライアスロンです。 株式取引歴13年 フルマラソン:サブ4 IRONMAN3回完走 宮古島トライアスロン1回完走