米国株「決算をチェックしましょう」

こんにちは。

今回は米国株の決算についておはなしします。

注意:株式投資にはリスクが伴い、元本割れや多大な損失もあります。自己責任でおこないましょう。

米国株「決算をチェックしましょう」

米国株取引で最も重要な物が結論からいって決算です。

  • 1:EPSでコンセンサス予想を上回る事
  • 2:売上高でコンセンサス予想を上回る事
  • 3:今後の会社側のガイダンスが来期のEPS・コンセンサス予想を上回る事(財務部長が考える来期)

3個揃って良い、コレが大事。

  • 四半期決算の結果をノートに書き留める3か月後に再び見比べる
  • 自分のポートフォリオの中に何回も良い決算出し続ける銘柄を多く入れるのが良い投資家
  • 悪い投資家は利食い・損切りの%しか見ていない。コレでは成長しない。

景気や地合の良し悪しももちろん大切ですが、何より決算をちゃんと計上できるか?

が大きな株価に影響していきます。

とくにIPOしたての1回目の決算をしくじるような事では、その株式への未来はないかもしれません。

そのくらい決算は米国株にとって大事な物となっております。

それでは早速ですが決算をみていきましょう。

コンセンサス予想をチェックする

米国株には四半期決算があります。

EPS(一株当たり利益)と売上高をチェックしていきます。

このときに必ずコンセンサス予想を上回る数字を出しているのか?に注目してください。

仮に凄く数字が良くても、コンセンサス予想を下回っては決算としてはいけません。

コンセンサス予想を下回っては期待値が低いと判断され、決算をしくじっていることになります。

気をつけましょう。

EPSをチェックする

ここからはYahoo!financeを使ってチェックしていきます。

(画像はYahoo!finance参照)

先ずは知りたい銘柄のティッカシンボルを入力し検索します。

今回はZM:ズームを参考にしていきます。

次にタブが並んでいるところで青色で書かれているAnalystsをクリックします。

Earnings Estimateをみます。

Avg. Estimateをチェックします。コンセンサスの数字です。

Current Qtr.はこれから発表される四半期のEPS予想です。

Next Qtr.ガイダンスに相当します。

売上高をチェックする

Revenue Estimateをみます。

Avg. Estimateをチェックします。コンセンサスの数字です。

Current Qtr.はこれから発表される四半期の売上高のコンセンサス予想です。

Next Qtr.ガイダンスに相当します。

売掛金を見る

結論ですが、四半期末や年度末に追い込みをかけて売るような企業は危険です。

追い込まれてギリギリで数字をだして帳尻を合わせると言うことは、もし期末にトラブルが起きた際に営業目標を達成出来ない可能性があるからです。

ギリギリで売上した支払いは、即時に反映されませんので売掛金が膨らみます。

貸借対照表で期末に売掛金が残る企業は、常にギリギリ帳尻あわせしていることが分かります。

DSO

DSOは売掛金の回収に要した日数。

売掛金残高を1日の平均売上高で割った数字。

この数値が高いと前述のように、無理をして売上を作った事になります。

そんな無理している企業に投資をしても、いつ決算をしくじるか分からず恐ろしいですよね。

営業キャッシュフローとは

商品などから得た売上から、材料費などの支出を抜いたものです。

そして営業キャッシュフローフローは毎回増えていくことが重要です。

営業キャッシュフローが純利益より大きく無ければいけない理由はこちらです。

無理に利益計上している可能性があるからです。

つまり粉飾のリスクがあると言うことです。

営業キャッシュフロー・マージンは15から35%くらいあると良いです。

米国株の平均値は11.9%だと言われております。

営業キャッシュフロー・マージン=営業キャッシュフロー÷売上高

決算予定日をチェック

決算が重要だということはご説明しました。

そうなると当然決算の予定日を知る必要があります。

決算
  • 1から3月を第1四半期
  • 4から6月を第2四半期
  • 7から9月を第3四半期
  • 10から12月を第4四半期

基本的に上記4回の決算があります。

各銘柄の決算日を4回しっかりチェックしましょう。

セクター別で分散投資

  • 景気が強く金利が高いインフレなら工業・素材・消費循環株
  • 景気が弱く金利が高いインフレならエネルギー株
  • 景気が強く金利が低いデフレならハイテク・金融株
  • 景気が弱く金利が低いデフレなら通信・ヘルスケア・公共・消費安定株

上記の通り振り分けし、状況に合わせてリスク分配していきます。

(あくまでも一般的な基準です)

偏った1点集中投資なら、利益が出るときは確かに大きいです。

しかし、損失も同様におこりますよね。

野球に例えるなら、7割8割打者なんてものは存在しないということです。

3割越えたら上出来ですよね。

株式投資にも同じような事がいえるのではないでしょうか?

その他注意点

  • 株価のPERばかりに目を向けていると足元をすくわれる可能性があります。

つまりEPS:成長率が伴っていなければ危険だと言うことです。

熱気と勢いだけの数値で攻めても手痛い思いをする方が多いかもしれません。

  • IPOで最初、2回目と決算をどじる銘柄は切って捨てる

何故ならIPO当初の数字は小さく盛るのが一般的です。

ましてや最初にどじる銘柄は後もろくな事がないですよね。

大事な約束を、1回目、2回目すっぽかすような銘柄に期待が持てますでしょうか。

NISAを利用するなら
  • 5年の猶予を塩漬け出来る銘柄を選択する。
  • インカムゲインが多い銘柄
  • ジワジワあがる固い銘柄。

利益がたくさんのればのるほどお得になると言うことです。

NISAの特徴である20%の税に関係する話ですね。

ただし5年目では確実に利確すること

11月からの相場に備えること

毎年米国株式については、11月から1月まで相場が上がる傾向が多いとされています。

11.3に控えた大統領選挙なのですが、選挙で相場が崩れ値下がりしております。

かといって安易にバリュー株に手を出すのは、少し検討するべきだと思います。

tax loss selling

つまり、他の銘柄で勝っている分と相殺させるために、11月辺りから年末の損切りを行う。

散々やられていた銘柄を振り落とす、見切り損を行う作業です。

決算の悪い銘柄や、IPO直後の信頼性が低い銘柄などは、気をつけてみてください。

dead cat bounce

デッド・キャット・バウンス(dead cat bounce)という株式用語もあります。

「高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返る」というウォール街での格言です。

tax loss selling後の12/24辺りからこっそりdead cat bounceを検討するのもありかと思います。

上手くいけば1月効果で上昇する可能性もあるかもしれませんね。

まとめ

EPS・売上高のコンセンサス予想を企業のガイダンスがしっかり上回る数字を出しているのか?

四半期決算をチェックして、メモ書きして見比べて行きましょう。

しっかり数字を出し続けている企業はいずれテンバガー候補として面白くなるかもしれません。

S&P月次パフォーマンス(%:1950年1月から2020年5月、ストック7トレーダーズアルマナック)

  • 1月 1.1
  • 2月 -0.03
  • 3月 1
  • 4月 1.6
  • 5月 0.2
  • 6月 0.1
  • 7月 1.1
  • 8月 -0.1
  • 9月 -0.4
  • 10月 0.8
  • 11月 1.6
  • 12月 1.5

5・6・8・9月は例年パフォーマンスがさえない。

アメリカウォール街の格言

Sell in may and go away.

5月に株を売ってあとはバカンスに行けといわれています。

根拠はこの上記「S&P月次パフォーマンス」の数字にあります。

過去10年間の売買推奨タイミング
  • 銀行株: 10月月初に勝手翌年5月の上旬に売ります
  • 証券株: 10月月初に買って翌年4月中旬に売ります
  • 消費循環株: 10月上旬に買って翌年6月頭に売ります
  • 工業株: 10月末に買って翌年5月中旬に売ります
  • 素材: 10月頭に買って翌年5月頭に売ります

あわせてチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です