米国株/WFC:Wells Fargo & Companyについて

WFC:Wells Fargo & Companyは大手銀行持株会社です。

金融サービスを全米各地で提供しています。

Wells Fargo & Companyのニュースはこちら

memo

Wells Fargoは2018年以降FRBから総量規制を受けています。

つまり資産売上高はのびていません。(2021.2月現在)

  • 総資産:1.94兆ドル
  • 総預金:1.37兆ドル
  • 総融資0.94兆ドル
  • ROA:0.17%
  • ROTCE:1.3%
  • 純金利マージン:2.27%
  • ネットチャージオフレシオ:0.26%

Wells Fargo & Company

  • ティッカシンボル/WFC:Wells Fargo & Company
  • CEO: Charles W. Scharf
  • 市場:Nasdaq
  • 設立:1852年3月
  • 所在地:420 Montgomery StreetSan Francisco, CA 94104United States
  • TEL:866-249-3302
  • 従業員:268,531人
  • 業種: Financial Services
  • web:http://www.wellsfargo.com

会社概要(一例)

銀行業務

住宅・自動車ローン、クレジットカード・リースなど様々な金融サービス。

個人、中小企業、商業にサービス展開。

Renewable Energy & Environmental Finance group

ウェルズファーゴは、資本を投入し、再生可能エネルギープロジェクトの拡大に投資し続けることで、気候変動との戦いを支援し、私たちを未来に導くクリーンエネルギー技術を導入しています。

Philip Hopkins, head of REEF

ウェルズファーゴは、再生可能エネルギープロジェクトのタックスエクイティファイナンスで100億ドルを超えています
ウェルズファーゴの再生可能エネルギーおよび環境ファイナンスグループは、風力、太陽光、および燃料電池セクターのユーティリティ規模のプロジェクトに資金を提供しています。

米国を代表するクリーンエネルギー投資家の1つであるウェルズファーゴ再生可能エネルギー&環境ファイナンス(REEF)は、風力、太陽光、燃料電池セクターの公益事業規模のプロジェクトにタックスエクイティファイナンスを提供しています。

2006年に開始され、低炭素経済への移行を加速するための同社の幅広い取り組みの一環として、REEFは現在、全国で500を超える再生可能エネルギープロジェクトを支援するために100億ドルを超えるタックスエクイティファイナンスを提供しています。

Renewable Energy & Environmental Finance group

ウェルズファーゴは、全国の公益事業規模のクリーンで再生可能なエネルギープロジェクトに100億ドル以上を投資することにより、500以上のプロジェクトが、脱炭素計画を追求するという社会的欲求の高まりに対処するために必要な資本を確保するのを支援してきました。


「ここ米国では、風力および太陽エネルギープロジェクトは税額控除の使用によって奨励されていますが、ほとんどの顧客は米国の大口納税者ではないため、それらの税額控除を自分で使用することはできません」とホプキンス氏は述べています。

「私たちが顧客と投資するとき、私たちはそれらのプロジェクトの所有者になり、顧客のために使用できるそれらのクレジットの資格があります。

したがって、私たちは資本を提供するだけでなく、課税能力、またはそれらのクレジットを収益化する機能も提供します。

Financing the fight against climate change

ウェルズファーゴは、再生可能エネルギー部門に100億ドル以上を投資することで、500を超えるプロジェクトが低炭素の未来を創造するために必要な資本を確保するのを支援してきました。

実際、ウェルズファーゴが投資したプロジェクトは、米国のすべての公益事業規模の風力および太陽エネルギー発電(メガワット単位)の12%を占めています。

2020年、ウェルズファーゴのREEFグループは、再生可能エネルギー業界に約24億ドルの税金を提供しました。これは、2019年に比べて約10億ドルの増加です。

最近のプロジェクトには、米国全体で2.6ギガワット以上の再生可能エネルギーを所有および運用している国内でトップの再生可能エネルギー成長プラットフォームの1つであるAES CleanEnergyに対するREEFの3億5,000万ドルの税負担が含まれます。

バージニア州のエネルギーセンター。

完成すると、センターはロッキー山脈の東にある最大の米国の太陽光発電プロジェクトを代表することになります。

Wells Fargo’s REEF group

ウェルズファーゴのREEFグループも最近、オーステッドの227メガワットのマッスルショールズプロジェクトに1億2800万ドルの投資を行いました。

これは、完了時にアラバマ州で最大の太陽光プロジェクトになります。

このプロジェクトは、最初の20年間で、1,500万ドルを超える固定資産税の増税が見込まれており、その多くは教育に向けられます。

クリーンエネルギーのメリットは、環境へのプラスの影響を超えて広がります。

国際エネルギー機関のWorldEnergy Outlook 2020によると、適切な政策支援と資金調達により最適な場所で実施された場合、太陽光発電は「歴史上最も安価な電力源」です。

報告書はまた、風力と太陽光の組み合わせが、2025年までに世界最大の電力源として石炭を追い抜くと予想されていると述べています。

「ウェルズファーゴは、気候に関連する最悪の影響を防ぐために、温室効果ガス排出量を大幅に削減する必要があると考えています」とホプキンス氏は述べています。

「資本を投入し、再生可能エネルギープロジェクトの拡大に​​投資し続けることで、ウェルズファーゴは気候変動との戦いを支援し、私たちを未来に導くクリーンエネルギー技術を導入しています。」

2018年、Wells Fargoは、2030年までに環境的に持続可能なビジネスとプロジェクトに2,000億ドルを貸与または投資するというコミットメントを発表しました。

その50%は、再生可能エネルギー、エネルギー効率技術、グリーンなど、低炭素経済への移行を直接サポートする取引に重点を置いています。建物、グリーンボンド、低排出車。

四半期決算

Wells Fargo Reports Fourth Quarter

第4四半期決算

  • EPSは予想0.6ドルに対し0.64ドル
  • 売上高は予想181.30億ドルに対し179.25億ドル
  • 売上高成長率前年比-9.7%
  • 52週高値:42.90ドル
  • 52週安値:20.76ドル

2021.2.26現在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です