筋トレが継続出来ない人の改善方法

ジムに入会

「筋トレをして2ヶ月」

継続する人と続かない人の差は?

こんにちは。

ジムに入会したのは良いけど、筋トレが継続出来ない人っていますよね。

2ヶ月位するとやっぱやーめたみたいな人。

もう少し継続すれば効果が現れて来るのになー。そこのあなた!もったいない。

これではカラダも鍛えられず、モテるカラダ作りにはなりませんよね!!

筋トレを2ヶ月でやめてしまう理由と、継続出来るメソッド改善方法をお話しします。

そんな私はジムに12年通い続けたトライアスリートです。

それでは解説していきます。

ジムに通って2ヶ月「筋トレが継続出来ない」理由

早速結論ですが、マンネリ化した上に停滞期が起こるからです。

  • 2ヶ月たつと、ひと通りマシンも覚えてしまい飽きる
  • ダイエット特有の停滞期で体重が減らない

2ヶ月たつと、ひと通りマシンも覚えてしまい飽きる

最初はワクワクしてトレーナーに教えてもらいますよね。

ひと通り終わりましたので、引き続きプログラムをこなしてください。

ジムは通常では質問は出来るけど「ずっとマンツーマンではありません。

つまり自身で自己管理を行ないトレーニングする必要があります。

その結果がこちら。

なんかマンネリ化して飽きてきたな。。。

このように始まったばかりで、成果が出る前に挫折するひとが多いです。

ではどうすれば良いのか?

次に挫折しない為のメソッド「改善方法」を話していきます。

筋トレを継続し挫折しないためには「改善方法」

筋トレを継続して挫折しない為のメソッド

「改善方法」を次のようにツイートしました。

  • 成果が出ない→『モチベーション』が下がらないよう、トレーニングの種類を変える
  • 効果が見えない→あえて体重に乗らない
  • 体重が落ちない→脂肪が燃えて筋肉が増加している可能性がある

筋トレもダイエットも「ある程度継続する」必要があります。

マンネリ化させないよう工夫することが大切です。

現在の状況を把握して「知る」事が大切です。

「成果が出ない・効果が見えない・体重が落ちない」

でも「理由と方法が分かれば」継続出来そうですよね。

次に停滞期についてお話します。

ダイエット特有の停滞期で体重が減らない

ダイエット特有の停滞期で体重が減らない事について

このようにツイートしました。

  1. 筋肉がついて脂肪が減った
  2. 減った物があり、増えた物があって体重が減らない。
  3. 良くある停滞期です。
  4. しかし中身は別物に変化し始めています。
  5. 筋肉というエンジンがデカくなれば、代謝も消費カロリーも増えます。
  6. 軽自動車からスポーツカーに

筋トレして筋肉がつけば当然ですが「ついた筋肉の分」体重が増えますよね。

同時に脂肪も燃焼されていますが、増減がなくなり停滞期になる。

この状況で「体重が減らない・失敗した」と、もどかしくなるのは分かります。

しかし、上記のように「筋肉が増えて体重にのった」「脂肪は燃焼している」

と分かれば、モヤモヤせず継続出来そうですよね。

現在カラダのなかで起こっている変化を知っていれば、

不安要素は消えると思います。

車の燃費と同じ考え方です。

  • 軽自動車は燃費が良い→ガソリン(脂肪)が減りにくい
  • スポーツカーは燃費が悪い→ガソリン(脂肪)を沢山使う

筋トレして筋肉を増やし、エンジンをデカくすればエネルギーをつかいます。

結果的に脂肪を燃やしやすくなるという事ですね。

続いて挫折しない為の行動手順をお話します。

目標設定・達成後のイメージ・段階をふむステップ・得られる物・期限

目標設定・達成後のイメージ・段階をふむステップ・得られる物・期限について

このようにツイートしました。

  1. 目標設定2ヶ月移行のトレーニング後で起こるモテモテのカラダを想像する
  2. 達成後のイメージ鍛え抜かれた素敵なカラダ、しかしサボると達成出来ないことも
  3. 段階をふむステップ→「1ヶ月・3ヶ月・半年・1年後徐々に変わるカラダ作り
  4. 得られる物まわりも羨む素敵なカラダ。達成感と賞賛→そしてモテる。
  5. 期限素敵なカラダにたどり着くステップ(期限)に情熱を持って挑む

1 飽きないためにも「想像する」事が大切です。

2ヶ月後も行う事で素敵なカラダを想像し、目標にすることが大切です。

2 目標を達成した時の喜びをイメージします。

逆に途中で挫折して「諦めたあとの自身」もイメージします。

きっとあのときやめていなければ、、、後悔の痛みを感じます。

3一気に行なわず段階的な目標を作ります。

スモールゴールを設定し細分化することで、そのつど達成感がえられる。

「よし!ここまで出来た!!」

次のステップに向かい頑張ろう!!」

と言った気持ちに。

4達成後に起こる賞賛やまわりが「良くやった」と褒めてくれるイメージをする。

たえず達成した時のイメージを持つことが大切です。

達成後の自信がある自分。褒めてくれる友人・賞賛してくれる家族など。

気持ちよいイメージをいつも持っておく事が継続を後押しします。

51ヶ月・3ヶ月・半年・1年後」のステップにむかい情熱的に挑む。

段階的な目標や最終目標に向かって1つ1つ行動していきます!

情熱をもって「よし私は出来る!やってみせる!」と鼓舞していきます。

やる事がより明確に細分化されたら、一気に駆け上がるイメージで集中して行なう事が大事!

紙に書き出しておくのも、具現化してわかりやすいと思います。

いつも見える所にあれば「やる気」にもつながります!!

次に2ヶ月後に飽きさせないトレーニングを紹介していきます。

2ヶ月後に飽きさせないトレーニング方法

2ヶ月後に飽きさせないトレーニング方法について

このようにツイートしました。

有酸素運動を変化させる

  • 有酸素運動を行なう
  • レッスン系(ヨガやボクササイズ)
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • エアロバイク
  • スイミング

もしかすると有酸素運動を既に行なっているかもしれません。

しかし、のんびりウォーキングをしていたり、時間が短いと効果も薄くなります。

お友達と話しながらのんびりウォーキング。。。

これではたいした成果が出ません。

話も良いけど肝心な目的を忘れては本末転倒です。

同じ有酸素運動でもやり方を変えていきます。

  • ウォーキング傾斜を付けて負荷を上げる・早足で歩く
  • ジョギング緩急を付けてインターバルトレーニングを行なう
  • エアロバイク負荷を上げる・回転数を少し上げる
  • スイミング止まらずに泳ぎ続ける・インターバルトレーニングを行なう

同じウォーキングでも例えば傾斜を10%で歩くと登山のような負荷がかかります。

早足で歩けば、第二の心臓「ふくらはぎにも効果有り」

ジョギングでも早くしたり遅くしたり変化させると筋肉に刺激と負荷がかかります。

エアロバイクもノンビリ回しているだけではなく、負荷をかけたり回転数を上げることで心拍数を変化させます。

スイミングは泳ぎ続けることで効果が陸上より高くなります。

注意事項

負荷もかかりますので、心臓の悪い人や運動経験が短いひとはすこしづつ、無理せず自己責任行なってください。

自宅でもジムレベルのランニングマシンを導入したいひとはこちらをチェックしてみてください。

なおレッスン系は指導に従って行ないましょう。

自宅でもできるレッスンの一例はこちらにあります。

移動時間を使わず気軽に行えるなら、やらない理由はないですよね。

今すぐチェック!!

マシントレーニングに慣れてきたらフリーウエイトトレーニングに

2ヶ月でマシントレーニングに慣れて飽きてくる。

有酸素運動も変化させた。

次に行う事はこちらです。

フリーウエイトトレーニングを行なう。

今まではマシントレーニングでしたが、今度はフリーウエイトトレーニングもチャレンジします。

既に行なっているひとスルーしてください。

  • ベンチプレス
  • ダンベル

ベンチプレスもダンベルも固定されていない分、負荷が変化します。

固定されない分、ブレないようにカラダを支えるため「体幹や腹筋」も同時に鍛えられます。

1度で2つ効果が出せるのがフリーウエイトトレーニングの魅力ですね。

ある程度ですが、筋肉がついてから行なった方が良いかもしれません。

マシントレーニングを2ヶ月行い、基礎のカラダを作って飽きてきたところにフリーウエイトトレーニングで刺激を入れるのもアリかもしれません。

ベンチプレス・ダンベル意外にも色々ありますのでやってみよう!!

フリーウエイトトレーニングは最初トレーナーさんの指導のもと行ないましょう。

しばらくの間はサポートしてもらうことをおすすめします。

自宅でフリーウエイトトレーニングを行ないたいガチ勢はこちらへ!!

まとめ

  • いかにモチベーションを保てるか
  • 継続させることができるか
  • 変化させ向上させること

同じ事の繰り返しは飽きます。

ルーティンを変化させる事で刺激を入れていくことが大切!!

同じマシントレーニングでも「いつもと逆まわり」

トレーニングするだけでも変化は起きます。

ちょっとしたアイデアと知識で意外にも継続することが可能だと思います。

筋トレ系のアイデアは雑誌Tarzanが色々と書かれていますね。

食事や運動メソッドが豊富に読めてお得だと思いますので、興味がありましたらチェックしてみてください。

先ずは色々試してみることが大事です!

筋トレを継続し、「ふと気がつくとカラダは変化している」と思いますよ。

それでもやっぱり継続することが難しいかもしれないです。

こんな人には「専属トレーナーさんにお願いし的確に変える方法」にいくべし!!

下記からマンツーマンでトレーナーさんがお望みの肉体に変えてくれます!!

デメリットとしては費用が高いことですが、生涯年収のたった数%です。

短期間で効率よく行なってくれるなら、やらない理由がないと思います。

ジムで筋トレを継続するのか?専属トレーナーに任せ的確に行なうのか?

最後に一歩前に出る勇気は本人次第です!!

思ったその日から「let’stry!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

shigeseki
shigeseki
このブログでは株式投資・健康・学習について掲載しております。 趣味はトライアスロンです。 株式取引歴13年 フルマラソン:サブ4 IRONMAN3回完走 宮古島トライアスロン1回完走