育児で読み聞かせってしんどいですよね?「寝てくれない子供には○○を使いましょう」

3歳くらいの子供って

なかなか寝てくれないですよね?

母親として、我が子は可愛いものの寝かしつけないといけない。

でも、雑用もまだまだ残っている。

自分の時間もとりたいけど、なかなか思うようにはいかなくて。。。

正直いってしんどい。

こんな事ってありますよね?

子供の寝かしつけに苦戦したあげくに。。。

元気いっぱいの子供で、母親としては「スクスク育って」嬉しい限りなんです。

が、元気が良すぎて振り回されて、なかなか思うようには行かず苦戦することってありますよね?

そんな状態の毎日が続くと「心身共に疲れ果ててしまう」こともあります。

しかし、そんなことは3歳の子供には分かるはずもなく、沢山遊びたいし甘えたい。

まだコントロールできる年代ではありませんよね?

その中でも1番困るのが「寝かしつけ」です。

楽しく遊んで遊び疲れて寝てくれれば良いのですが、毎回そんな簡単に上手くいくわけありません。

元気いっぱいにはしゃいで、寝ない事なんてしょっちゅうありますよね?

そんなことばかりの毎日だと、怒りたくないのですが最終的に「いい加減に寝なさい!!」とおこる自分がいる。

ホントはこんなことが言いたいわけでは無いのに。。。

ほんと疲れるし、しんどいし、

なんとかしてほしい。。。

こんな感じの悪循環になった末路、母親におこることは「育児ノイローゼ」です。

心当たりがある人は「要注意」かもしれません。

しんどい寝かしつけに失敗し、苛ついたあげくに育児ノイローゼ

そんなアナタが、育児ノイローゼになっていくと、子供も敏感に反応します。

その結果、「母親のイライラ」に反応して、子供も無意味に泣き出したりします。

時には暴れてしまうかもしれません。

母親のココロが安定していないと、子供って読み取ってしまう物なんです。

読み取った不安から子供も不安になってしまいます。

思わぬ行動や、意図しない行動をとってしまいます。

例えばこんな感じに。

  • おもちゃを投げてしまう。
  • 急に大きな声で叫ぶ
  • 思うようにご飯を食べない
  • なかなか寝ない
  • 怒りだし大泣きして手が付けられない
  • YouTubeなど見続ける
  • ひたすら遊び続ける
  • お風呂に入らない
  • 歯を磨いてくれない
  • 急に叩かれる

言い出したらキリが無いくらい様々な事が起こりえます。

こんな感じですと当然ですが、夜の寝付きも悪くなることでしょう。

お互いにイライラがたまって、吐き出し口がなくなってしまいます。

これでは、母親の心情としては「益々追い打ち」をかけられてしまいます。

ホント病気になってしまいますよね?

>>厚生労働省のデータでも半数近くの人に負担や不安を感じるとデータが出ています。

厚生労働省:子育てをしていて負担・不安に思う人の割合

そんな状態で母親が行なう行動は

そんなアナタが先ず行なうべき事は、冷静になって落ち着きを取り戻すことです。

「えっ!!」って思うかもしれません。

しかし、現状の忙しさと育児ノイローゼで周りも自身も見えなくなっているのです。

毎日の生活と育児に追われて、時間もココロの余裕もなくなっていることが1番の問題なのです。

こんなイライラした状態では、冷静さも当然無くなっていますよね?

もう一度言いますが、そんなアナタが行なうべき行動は「1度冷静さを取り戻す」事なんです。

5分でも10分でも良いので、落ち着きを取り戻すよう心がけて見ましょう。

そうすることで、「見えなかったこと」が、見えてくるようになる物なんです。

落ち着きを取り戻すことで、イライラも多少は収まると思います。

安定したココロを取り戻すとこで、子供の不安もほぐれてくることでしょう。

子供のイライラは「自身の鏡」自分自身を象徴しているのかもしれません。

落ち着いたアナタが次に行なう事は読み聞かせではなく。。。

落ち着きを取り戻して「じゃあ、絵本の読み聞かせでもするか」といきたいところです。

しかし、疲労は当然ですが抜けていないわけです。

寝かしつけで本を読むのも結構大変だし、

「こっちが眠たくてどうしようもないし」

なんて事もありますよね?

そんなアナタが行なうべき行動は「楽して読み聞かせをすること」です。

「えっ!!」そんな便利な物があるの!?って思うかもしれません。

今の時代では「スマホ」で読み聞かせすることも、簡単に出来る時代なんです。

絵本を広げなくても「プロのナレーター」が、抑揚のある読み聞かせを行なう事も出来るのです。

これなら、一緒にしばらく聴いているうちに、子供は気持ちよくなって寝てしまうでしょう。

これで母親が集中して読み聞かせする必要もなくなるわけです。

少しの事かもしれませんが、それでも気が楽になりますよね?

この少しの負担軽減が、意外にも大切なんだと思いいます。

ちょっとでも気持ちを楽にして、穏やかに自身も眠りにつきたい物ですね。

そんなアナタが、使うべきアプリはこちらの2種類から選ぶとこが出来ます。

無料でプロのナレーターさんの

読み聞かせを聴く事が出来るのなら、

お試ししない理由はないですよね?

楽して自身の負担軽減にもなりますし、メリットしかないです。

「みいみ」の収録内容はこちらのnoteで確認出来ます。

まとめ

自身のチカラだけに頼らず、便利で利用できる物は大いに使っていきましょう。

子供もあなた自身も「ゆとりある穏やかな気持ち」になるとよいですね。

穏やかな眠りを誘う枕はこちら

ゴッドハンド整体師の作った『整体枕』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です