ダイエットで痩せるなら「規則正しい生活を行なう事」その方法と手順

ダイエット行なう為に必要なことって、何だと思いますか?

結論は、規則正しい生活を行なう事なんです。

この記事で分かること
  • ダイエットで痩せるなら「規則正しい生活を行なう事」その方法と手順
  • ダイエットの基本「筋トレ」って最初になにをすれば良いのか
  • 実際に出来るか心配だけど大丈夫ってこと。

痩せる為に「そんな当たり前なこと」と思うかもしれません。

しかし、至ってシンプルな規則正しい生活が、以外と出来ない物なんです。

「短い期間で痩せたいとか、手軽に成果をだしたい」とかおもいますが、短期間で作ったカラダは短期間で戻ってしまうものなんです。

時間をかけて少しずつでも継続していくとこが大切なんです。

そんな筆者も、睡眠不足に夜遊びに間食で以前は肥満でした。

しかし、医者に通い栄養指導などダメ出しをされ、ジムに入会して筋力トレーニングを行ない、-14kgの減量に成功しました。

そんな筆者も経験である「規則正しい生活」を解説していきます。

規則正しい生活を今一度、振り返り、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか?

先ずは無料でプロに相談してみませんか?

自身で行なうダイエットに悩んでいませんか?

ライザップでは192時間の研修を受けたトレーナーが、マンツーマンでしっかりサポートしています。

年齢・性別を関係なく「理想のボディメイク」を実現することに着手していて 、1年後のリバウンド率はたった7% です。

一生つかえるボディメイクを、ダイエットと同時に学ぶことが出来ます。

だからリバウンドすることほぼなく、もしかすると知り合いにもレクチャー出来るかもしれません。

もちろん食事管理も「必ず3 食しっかり摂る」内容をプロがサポートしてくれます。

「30日間全額返金保証付」もついていますが、先ずは無料で相談に乗ってみることをおすすめします。

1日でも早く自身の体型を変えて、周りからの見る目もかえたいですね。

だから、安心してプロのトレーナーさんに任せて悩まず減量にはげみたいものです。

もしよかったら、ご連絡してみてください。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

痩せるための「規則正しい生活」で良くある質問

最初に痩せるために行なう「規則正しい生活」の良くある質問をまとめてみました。

リバウンドしにくいダイエットするなら、どんな規則正しい生活ですか?

適度な運動に食事管理。しっかり睡眠です。短期間ではなく長期的に継続することです。

決まった時間に起きて寝ることが大切なのはどうしてですか?

食事の時間や感覚で代謝の影響があるからです。安心した生活サイクルがダイエットに良いからです。

仕事の関係で規則正しい生活がみだれる場合は?

出来る範囲でも行なう事で変化が出ます。タイムマネジメントもしてみましょう。

ダイエットには食事・運動・規則正しい生活の順序はありますか?

ありません。すべてにおいて「バランス良く行なう」事が大切です。

ダイエットには「規則正しい生活と食事」だけでも可能ですか?

可能ですが、運動をしないと筋力がつきません。長期的ならリバウンドの可能性があります。

そもそも規則正しい生活と運動って?

バランスの良い食事・8時間睡眠・1時間の運動。生活サイクルの一定するです。

休日の不摂生はダメですか?

出来れば安定感ある生活サイクルが望ましいですが、時にはストレス解消も必要です。

自身に甘く、お菓子などのダイエットに不向きの物を食べてしまいます。

買ってこない。見える場所に置かない。一口でやめる。間食しないようしっかり食べる。

規則正しい生活をしながらダイエットをしていても、体重が落ちなくなったら?

食事の内容を見直し、トレーニングして筋肉量を増やしましょう。睡眠不足も原因になります。

規則正しい生活の中で運動は食前と食後のどちらが良いですか?

食前です。食後1時間くらいは消化吸収に血液が使われ、運動すると消化不良になります。

Q&Aをまとめてみましたが、「食事・運動・睡眠」のバランスが重要だと感じます。

それでは、具体的に規則正しい生活について解説します。

ダイエットで痩せるなら「規則正しい生活を行なう事」その方法と手順

ダイエットで痩せるなら「規則正しい生活を行なう事」その方法と手順

ダイエットについて、こんなツイートをしました。

ダイエットの基本・筋トレで筋力アップ・有酸素運動で燃焼・質の高い食事・しっかり睡眠・ストレスを溜めない。

ライフスタイルを変化させ、カラダの使い方を知るだけでダイエットは変わります。

食事管理→「基礎代謝+運動量<1日の摂取カロリー」→守れば理論的に太らない

筋トレ→行なえば筋力アップ→代謝があがる→脂肪が燃える

睡眠→しっかり寝る→超回復する→細胞が活性化→痩せやすくなる

何回言ってもやはり『基本』が1番大切なんです。

とは言っても、夜更かしで「スマホやゲームに映画」なんてのは魅力的なんですよね?

筆者も大好きで良くしていましたが、やはり根本を変えないとなにも始まらないんですよね。

まずは、「早寝・早起き」を心がけること。

規則正しい生活をおこなうために、夜更かしのの習慣をやめる事なんです。

しっかり睡眠をとって、カラダがしっかり休ませることが生活習慣のスタートとも言えます。

当たり前なことを、当たり前のように行なう習慣を付けることが大切です。

習慣を身につける為には、30日は継続することが大切です。

その中で、最初の10日間は「慣れない作業できついことを覚悟しておく」事です。

逆に最初の10日間を継続することが出来れば、徐々に習慣になれて楽に行なう事が出来ます。

それでは、分類してみていきましょう。

  • 自律神経が大きく関係する
  • 脳に負担をかけない
  • 質の高い食事
  • 筋トレで筋力アップ
  • 有酸素運動で燃焼
  • しっかり睡眠
  • ストレスを溜めない

自律神経が大きく関係する

ダイエットで肥満になる人の特徴として自律神経が影響します。

一連の流れは次のようになります。

自律神経に異常→血行不良→食べたものを消化しない→腸内環境の悪化→うまく吸収しない→便秘になり腐敗し毒素→肝臓をとおりカラダの血液に流れる→ドロドロ血に→脂質代謝の異常を起こし、内臓脂肪に溜まる→肥満になる

つまり、自律神経に異常がでて、腸から汚れた栄養が「かんぞう」に行き血液が汚れます。

汚れたドロドロ血が脂肪の代謝を悪くします。

溜まった脂肪が内臓脂肪になるからダイエットできないのです。

逆を言えば規則正しい生活をおこない、腸内環境を良くして便秘改善を行うだけでも、ダイエットは出来るって事なんです。

腸内環境を良くするなら例えば、1日3かい食べた方が良いです。

なぜなら、食べる事で腸が刺激され活動するからです。

これが逆に2食だと、2回しか腸が動く機会がないので腸内環境を悪化させますよね?

ちなみに、たっぷり食べると問題ですので、コントロールすることも大切です。

なお、もっとも根本的な部分は自律神経の改善です。

自律神経には2つの神経があり、ザックリ簡単に言うとこちらです。

  • 交感神経→アクティブ・緊張・興奮
  • 副交感神経→リラックス・余裕・安心

アクティブに活動する際には、交感神経優位になりカラダは活発に動きます。

リラックスしている状態では、副交感神経優位になりカラダはゆったりします。

この両者の関係に異常がでると、血流の流れが悪くなり肥満の原因になります。

例えば、そろそろ寝るときに緊張・興奮しては「良質な睡眠」なんて取れないですよね?

寝るときには安心してリラックスした状態で眠りにつくものです。

つまり、寝る時間にはリラックスした副交感神経を優位にしておく必要があるって事です。

つまり、規則正しい生活・健康を目指すなら、交感神経と副交感神経のバランスを保つ事が大切です。

深く話すと長くなりますので、もっと詳しい話を知りたい人は下記の書籍を読むことをおすすめします。

自律神経にかんする書籍

脳に負荷をかけすぎない

ゲームや動画など、ブルーライトを浴びて情報量が多すぎると『脳』に負荷がかかります。

人は、1日に何十万回も思考選択しているので、負担を減らしたい。

脳の疲労は、肥満の原因に直結します。

脳が疲れると糖分も欲します。

仕組みを理解してあげる事です。

目から情報が入る→情報過多になる→情報処理に脳が疲れる→疲労回復に糖質を欲する→肥満

必要のない情報ばかり詰め込んでいると、疲労で無駄な糖質を摂取することになります。

しかし、カラダは動かしていないので栄養として蓄えられます。

無駄な栄養が、脂肪になって肥満になるわけです。

肥満時の筆者は、ゲームばかりしていて横にはコーラにポテチ。

ついついお菓子にジュース・アイスに手が出ていまいます。

やっぱりずっとゲームをしていると、カラダは疲れていないようでも「脳が疲労」しているんですよね。

そんなよくある典型的な失敗談を、まさに実践していました。

つまり、悪循環を立ってしまわないと、生活習慣は改善できないんです。

脳をリフレッシュさせるには

脳をリフレッシュさせるならジョギングがおすすめです。

まーウォーキングでもサイクリングでも良いのですが『軽く息が弾むくらい』で有酸素運動を行うと「頭が真っ白」になる瞬間があります。

脳内がリセットされる瞬間です。

内省と言います、スッキリします。

カラダを動かして、血の巡りをよくするとリフレッシュ出来ます。

その中でも有酸素運動は、全身にゆっくり酸素を運んでくれます。

20分以上、有酸素運動を行なう事で効果が高まります。

ジョギングは、動作がシンプルだけに集中しやすいのですよ。

走っているときに「○○はこうして~、あれはこうだった」、なんて感じに頭の整理が出来ます。

しばらく走り続けると、「何も考えていない状態」になることがあります。

この瞬間が内省効果で「脳内リセット」がかかり、リフレッシュ出来ます。

ジョギングのやり方はこちらから。

>>初心者がダイエットでジョギングを行なうやり方15選(方法がよく分からない人に)

ジョギングが出来ない人は歩く事から

それでも、ジョギングが出来ないよって人もいますよね?

そんな筆者も運動を始めた頃は「膝が痛くて」走れませんでした。

無理して走った事もありましたが、痛くて続かないんです。

筆者のような失敗愛をする前にも、ジョギングが出来ない人は最初に歩きましょう。

歩く事でもメリットがあり、体温も上がりますし血液の循環も良くなります。

慣れてきたら、早歩きでを行ない、出来れば20分以上あるくと効果的です。

足は第二の心臓って言うくらい重要なんです。

歩く仕組みを知りたいならこちら

>>スクワットや腕立て・腹筋が出来ない超初心者が行なうトレーニング「歩く」仕組みを解説

食事は外食より自炊

ダイエットで食事を考えるなら、基本的に自炊がおすすめです。

何故なら、既製品や外食は「美味しくても塩分や脂質が多い」ケースがほとんどです。

筆者の失敗談は、まいにちほとんど外食だったことです。

やっぱ楽できるし、美味しいものってたくさん食べられるのです。

何も気をつかわずに、外食ばかりして食べていれば無駄なカロリー摂取になりますよね?

1番やってはいけない事を行なっていました。

現在は野菜多めで、お味噌汁に「納豆や豆腐」などの豆類を多く食べるように心がけています。

食事は外食より自炊

ちなみに、食事制限だけで運動しないと失敗しますので気をつけましょう。

食事制限→カロリー以内なら痩せるが→脂肪も筋肉も減少→リバウンドする

バランスの良い食事をとり「痩せる体質に」

日本の和食にある「1汁三菜」は理想的です。

低カロリーでバランスが取れるのが、和食の魅力でもあります。

ご飯・納豆・サラダ・漬物・味噌汁など大豆製品と、サラダをメインもおすすめ。

大豆は、畑のお肉とも呼ばれていますので、お肉の代わりに食べることでカロリーダウンできます。

結局のところ、今の世の中は食べ物がありふれています。

なんでも食べる事が出来ますよね?

たまに、美味しい物を食べに行ったりすることは必要かもしれません。

しかし、いつも外食ばかりだと「余計な栄養」が付きすぎてしまいます。

旨味として、塩分も多いので過剰摂取になります。

厚生労働省:e-ヘルスネット「外食の選び方」にも生活習慣病について記載されています。

厚生労働省:e-ヘルスネット「外食の選び方」

なるべく自炊して栄養バランスをコントロールすることが、生活習慣の改善につながります。

自身で管理が苦手な人にはこちら。

>>筋トレ無しで減量する方法「低糖質な食事で栄養バランスを整える」

ダイエットの基本「筋トレ」って最初になにをすれば良いのか

ダイエットの基本「筋トレ」って最初になにをすれば良いのか

ダイエットで筋トレするなら、最初は「大きな筋肉」を狙うと体重が落ちる。

何故なら代謝が上がるからです。

・胸・背中・太もも・お尻

腹筋・お腹周りは大きな筋肉ではありませんが、毎日コツコツやるのがおすすめです。

姿勢を良くするだけでも腹筋は変わります。

腹筋が嫌いな人にはこちら

筋肉量を車に例えてみる

大きな筋肉を車に例えてみます。

軽自動車は燃費が良く、ガソリン消費量が少ないですよね?

対して、V8エンジンのスポーツカーは「もの凄くガソリンを使用し、燃費が悪い」です。

つまり、エンジンが大きい車ほどガソリンを使うことがわかります。

  • エンジン=筋肉量
  • 筋肉量増加→軽自動車からスポーツカーに
  • ガソリンを多く使う→カロリー消費量が増える

カラダに話を戻すと「筋肉量を増やすことで脂肪燃焼効果が高まる」事が分かります。

筋力アップさせる

なので、ダイエットに一番大切なのが筋力アップすること。

筋力アップ→代謝があがる→脂肪燃焼率が高まる→痩せる

脂肪燃焼に必要なのは筋力アップでエンジンをデカくする。

有酸素運動で脂肪燃焼効果を高める

そのために、もう一度言いますが「最初はおおきな筋肉にフォーカスする」ことなんです。

細くて代謝アップしない部位より、大きくなりやすい部位を狙うことで体重減少しやすくなります。

最終的には、バランス良く筋トレする必要がありますが、ベース作りとしては「おおきな筋肉」をねらうと効果が期待出来ます。

結果が見えると、モチベーションアップにもつながりますよね?

筋力アップさせる

筋トレのしくみ

筋トレで筋繊維・細胞を破壊→筋肉痛

超回復→休ませる時に細胞がより強固に→筋力アップ

もう一度壊す→筋力アップした筋繊維・細胞を壊す→筋力アップする

もしかすると、途中で体重が落ちない、停滞期で悩むかもしれません。

しかし、正しくトレーニングを行なっていれば大丈夫です。

しくみを簡単に言うとこちらです。

筋力アップ→脂肪燃焼→体重減少→筋肉増加で体重アップ

つまり脂肪は燃焼していますが、筋肉増加で体重が落ちていないだけなんです。

しかし、中身は別です。

脂肪減少→筋肉増加に入れ替わる→痩せるカラダになってきている証拠

筋トレのしくみ

正しい、理屈を知っていれば停滞期も怖くありません。

つまり正しい筋トレのやり方と、生活習慣を身につけることが大切なんです。

それでも自身で筋トレを行なうのが無理だなと思うかもしれません。

そんな人はジムでパーソナルレッスンを受けましょう。

パーソナルレッスンのメリットは

パーソナルレッスンのメリット

専門のマシンを使ってトレーニングを行うと、狙った筋肉へ効果的に効かせる事が可能となります。

家では、揃えても「ダンベル・ヨガマット・チューブ」くらいでしょうか?

やり方が分からず限られたトレーニングではげんかいがあります。 

専属トレーナーさんからのパーソナルレッスンなら、専門のマシンを使って狙ったところに正しく負荷がかけられます。

フリーウエイトと呼ばれる「ダンベルやバーベル」を使用してトレーニングすることもあるかもしれません。

フリーウエイトトレーニングの良いところは、バランスを取りながら行う事が多く「狙った筋肉の他に体幹やお腹まわりを鍛える事が可能」となります。

専属トレーナーさんのメリットは他にも「食事の知識」を持っている方が多いです。

より良い筋肉を作るためや、痩せる為の「食事」も熟知している事が多くあります。

  • ジムには専用のマシンが揃っている→効率よく筋トレ出来る。
  • 対価を支払う事で行く理由が出来る→損をしたくないから必死にやる事が出来る。
  • パーソナルトレーナーに相談出来る→1人で悩まないですむ。

筋トレを行なうのが苦手だとお悩み出でしたら、試しに読んでみてください。

質の高い睡眠をとること

ダイエットで質の高い睡眠をとるなら『規則正しい生活』を行うこと。

睡眠不足だと、このような結果になります。

睡眠不足→パフォーマンスが上がらない回復が遅れる→代謝が下がる→痩せない

良い睡眠をとるためには、規則正しい生活をおこないます。

  • 8時間睡眠
  • 就寝1時間前にスマホなど触らない
  • 寝る前に軽くストレッチ
  • 就寝時間は夜22時
  • お水を飲む
  • 歩く

この方法が全てではありませんが、実際に肥満と鬱を克服した実績もあります。

あたりまえのことを、普通に行なうだけで変える事も可能なんです。

ものがありふれているからこそ、選択して必要ないことは減らしていくべきなんです。

ほんらい必要なところに、時間を使うべなんです。

朝、目覚めたら日差しを浴びることも、睡眠の質を高める効果に直結します。

睡眠の14時間前が良いとされています。

光目覚ましと言った商品を活用するのもアリかもしれません。

【日出/日没再現】 目覚ましライト

厚生労働省では「睡眠12箇条」として、健康作りについて記載されています。

厚生労働省「睡眠12箇条」

  1. 良い睡眠で、からだもこころも健康に。
  2. 適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
  3. 良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
  4. 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
  5. 年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
  6. 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
  7. 若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
  8. 勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
  9. 熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
  10. 眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
  11. いつもと違う睡眠には、要注意。
  12. 眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針」引用

睡眠不足での体験談はこちらです。

>>睡眠不足で事故りました!!睡眠時間を削ると「睡眠障害や不眠症」になるかもしれません。

朝・晩に体に優しいお水を飲みましょう

引用:∼水分補給について∼ – 静岡県のJA

ひとのカラダの約60%は水分です。

1日に通常で2.5ℓ失われると言われます。

1日に2リットルのお水を飲むとカラダによいと言われるのは「失われた水分を補給するため」でもあるのです。

寝ている間にも汗をかき「約350mℓ」失われます。

入浴時では「500mℓ」失われます。

つまり、日頃から定期的に水分補給をしましょうってことなんです。

朝に失われた水分をとり、就寝前にまえもって飲んでおくことが大切です。

痩せる為には適切な水分補給が必要です。

でも水ばかり飲んでいても、汗ばかりかいてしまうと思うかもしれません。

ダイエット出来ずに、肥満の人が汗っかきなのには理由があります。

結論は自律神経の動きが低下して、体内の水分を吸収出来ていないからです。

吸収してないから、汗として外に出て来るわけです。

なので、少しでも良質な水をカラダに吸収させることが大切になりますよね?

そんな、お水を定期的に飲むなら、アクアクララで【無料お試し】するのもありですよ。

水(12Lボトル)1本【無料】(通常1,512円/本 税込・宅配料込)

スリムデザインの「アクアスリム」または、小型卓上型「アクアスリムS」の2種類から選び【1週間無料】でお試し

お試し後お申込みされない場合も、サーバーの返却まですべて【無料】

費用は一切かかりません。

無料ですので、悩まず今すぐ申込しましょう。

応援してくれる仲間を作ることで「ストレスフリーに」

応援してくれる仲間を作ることで「ストレスフリーに」

ダイエットでストレスを溜めない方法は、応援してくれる仲間を集める事です。

と言うか「ダイエットします!見守ってください!」と発言する、これで充分。

目指す所の目標に向かい一緒に歩み「時にはアドバイスを」「時には厳しい言葉」も本音で言ってくれる仲間を作ること。

ダイエットってやっぱトライ&エラーの連続なんです。

停滞期に入れば挫折するし、途中で甘い誘惑にも1人ではまけてしまうものです。

そんなときに同じ境遇の仲間がいれば、叱咤激励されますよね?

「あの人ががんばっているなら私も!!」

こんな感じに。

友人や知り合いに宣言することで、励ましの言葉やアドバイスもしてくれるはずです。

つらく思い悩んだ時にも、手を差し伸べてくれるのが友人ですよね?

ダイエットは1人で行なわず、仲間に背中を押してもらい、見守ってもらうことが重要です。

そのなかで他力本願と言う言葉もつかいます。

自身のダイエットを成功させる為に、自身が頑張るだけではなく、仲間や友人に協力してもらう。

挫折したときに、チカラになるのが仲間や友人。

そんな周りの味方を感じながら行なう事で、「いつも背中をそっと押してくれる」のが、ダイエットの他力本願なんです。

協力者のチカラをもらい、やる気エネルギーに変換すること。

タイムマネジメントを行なう事

ダイエットするなら時間の管理は大切です。

ルーティンワークを行うことです。

  • 起床時間、就寝時間を守る
  • 食事する時間を定める
  • 運動時間も確保する

当たり前なんですが、1日のサイクルをしっかり管理する事が大切です。

ダラダラやるとモチベーションが下がります。

もし、マネジメント出来ずに決まった時間にものごとを行えないと、生活サイクルがズレますよね?

1つのズレを補正せずに放置すると、次から次へを堕落していきます。

このような「負の連鎖」にならない為にも、タイムマネジメントは大切なんです。

逆に決まった時間に決まったことを行える人は、管理能力に優れています。

管理能力が長けている人は、自身のカラダのマネジメントも出来るって事です。

しごとも、ライフスタイルも、カラダ作りもマネジメントすることが大切。

マネジメント出来れば実践するだけでコントロールすることが可能になりますよね?

1日の行動をチェックしてみる

  • 紙に1日の行動・生活サイクルを書き出して視覚化する。
  • 実行出来た部分、出来なかった部分をチェックします。
  • 出来なかった部分を重点的に意識していきます。

実際に、1日のスケジュールを書き出してみると「実は無駄が多い」事に気がつきます。

スケジュールの中で、必要のないものを視覚化して消していきます。

それでもやめられなかったことをメモしておけば次回の課題になりますよね?

出来なかったところに意識を向けて、改善することでマネジメントが上手になって行きます。

このトライ&エラーの積み重ねが、タイムマネジメントの習慣化となります。

1つずつ改善することで、結果として規則正しい生活を手に入れることが出来ますよね?

マネジメントする→無駄がなくなる→必要のないものは捨てられる(食事も)→効率よく痩せる

タイムマネジメントについてはこちらです。

良くかみ、歯を大切にする

ダイエットするなら、ご飯をちゃんと噛む事。

良く噛まず飲み込む→胃に負担がかかる→消化不良で吸収余分な脂肪をためこむ。

筆者の歯は比較的に丈夫だったのですが、幸か不幸か「親知らずが4本」ありました。

歯のケアを怠ったあまり、奥歯から虫歯になり親知らずに浸食して激痛を味わいました。

ほんと歯痛って辛いんですよね?

大学病院の口腔外科を紹介してもらい、抜いてもらうことになりました。

正確には真横に向いていたので、破壊してもらいましたが。。。

大学病院って学習生の勉強の一環として、珍しいケースとかだと囲まれるんです。

もちろん拒否もできますが、そんな空気にはならず。。。

痛いし恥ずかしいし、今でも大変な思いをしたことを覚えています。

つまり、こんな大変な思いをする前に「普段から歯のケアをしましょう」ってことなんです。

歯の大切さは、食べる事に直結しますので大事ですよね?

歯のケア以外にも、食べる事なら咀嚼って大切なんです。

歯科検診もしっかり行わないと、よく噛めなくなる可能性があります。

歯の筋トレは出来ないから、専門医にちゃんと診てもらうこと。

ダイエットにおいて食事は大切なんですが、食事を行なう為に重要なのが「歯」ですよね?

かみ合わせが悪かったり、正しく咀嚼できなければ、食事に問題が出ます。

当然ですが、良くかまなければ胃腸に負担がかかり、余計な脂肪を増やす原因になります。

肥満の原因になりますよね?

出来るか心配、でも大丈夫!

ここまで読んだ方は、もしかすると「興味あるけど、やっぱりダイエットには向き不向きありそうだな・・・」と思うかもです。

しかし問題ありません。

実は私も最初は苦労しましたが、学習して規則正しい生活を行なえば徐々に痩せていくものなんです。

人は継続して行っていくと、自然に慣れて当たり前のようになっていきます。

最初は1週間を継続してチャレンジしていきます。

1週間チャレンジ出来れば、また1週間。

この繰り返しの「スモールゴール」を設定してあげることが大切です。

最終目標へ向かい、一段一段ステップアップしていくことが可能となるでしょう。

例えるなら登山と同じです。

5合目から見た頂上は遙かに遠い所ですが、6合目、7合目、8合目と一歩一歩と着実に足を進めていくことで、始めて頂上にたどりつける物です。

ダイエットや生活習慣でも考え方は同じです。

いきなり必死に頂上(目標の最終ゴール)目指しても、見えない不安と壁に悩まされるだけです。

一歩一歩と焦らず、着実に目指していくことが重要となっていきます。

少しずつ目指す結果として人は慣れて、当たり前のように出来るようになるものです。

欲が出て「もっと出来そう」と、次のステップ(5合目から6合目)にあがることが出来ますよね?

地道にスモールゴールを目指してステップアップすればカラダも改善していきますよ。

生活習慣を変えダイエットに成功した際のメリット
  • 結果が出ることによって、自信がつき「メンタルが向上し心が安定する」。
  • 結果をだすことにより、まわりから「努力を買われ尊敬される」。
  • 向上心のある人間だと思われる。
  • 生活環境に変化が起こり、より充実した日々を送れるようになっていく」。
  • 見た目もスマートで体型維持を出来ることにより、管理能力が買われ社会的信用が増す」。
  • 好きな洋服が着れるようになるし、水着姿も温泉に行っても安心。
  • よりご飯が美味しく食べられる。

まとめ

規則正しい生活まとめ

規則正しい生活をおこない、ダイエットを成功させましょう。

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です