ダイエットを始めるまえに知っておくべき知識や考え方14選

皆さんこんにちは。

これからダイエットを始めたいけど、なんだかよく分からない。。。

でもダイエットを成功させて、人生を変えたい。

こんな感じに悩んでいる人がいると思います。

今回は、ダイエットを始めるまえにしっておきたい知識や考え方を学習してもらい、ダイエットの励みになって頂ければ幸いです。

それでは早速解説していきます。

先ずは無料でプロに相談してみませんか?

自身で行なうダイエットに悩んでいませんか?

ライザップでは192時間の研修を受けたトレーナーが、マンツーマンでしっかりサポートしています。

年齢・性別を関係なく「理想のボディメイク」を実現することに着手していて 、1年後のリバウンド率はたった7% です。

一生つかえるボディメイクを、ダイエットと同時に学ぶことが出来ます。

もちろん食事管理も「必ず3 食しっかり摂る」内容をプロがサポートしてくれます。

「30日間全額返金保証付」もついていますが、先ずは無料で相談に乗ってみることをおすすめします。

もしよかったら、ご連絡してみてください。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

ダイエット方法をマンネリ化させない

ダイエット方法をマンネリ化させない


ダイエットで失敗する人は、マンネリ化した上に停滞期が起こるからです。

ダイエットが2ヶ月たつと、ひと通りおこない飽きるし、停滞期で体重が減らない。

飽きないために広く浅く色々やる。

有酸素運動系ならヨガ、ボクササイズ、ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、スイミング。

ダイエットは基本的に同じ事の繰り返しです。

筋トレ→有酸素運動→ストレッチ

同じ種目を2ヶ月もおこなうと飽きちゃいますよね?

飽きさせないためにも色々な方法を試して学習すると、ダイエットも飽きずに楽しめます。

ダイエットのトレーニング方法は沢山ありますので、興味があるものは臆せずやってみましょう。

トレーニングの一例です。

  • ウォーキング→傾斜を付けて負荷を上げる・早足で歩く
  • ジョギング→緩急を付けてインターバルトレーニングを行なう
  • エアロバイク→負荷を上げる・回転数を少し上げる
  • スイミング→止まらずに泳ぎ続ける・インターバルトレーニングを行なう

パーソナルトレーナーに習う事も検討する

パーソナルトレーナーに習う事も検討する

ダイエットするならネットのオンライレッスンも無料が多いので活用してみるのもアリです。

YouTubeでみるのもアリなんですが、専門のパーソナルレッスンを探した方がより効率よく出来ると思います。

無料体験があるレッスンを試して専門性を確認してみましょう。

今はPCだけではなく、スマホでもオンラインレッスンが観れる時代です。

YouTubeで検索すれば、沢山の動画をチェックすることが出来ます。

しかし、YouTubeだと的を外したら、専門性に欠ける場合もなきにしもあらず。

要するに当たるか外れるか分からないところもありますよね?

その点、オンラインのパーソナルレッスンなら、充実したレッスンに専門性の高いレッスンが受けられます。

無料体験や少額のお試しなどが良くありますのでチェックしてみる価値ありです。

おすすめ

ダイエットは期間限定ではない

ダイエットで思うのが『ダイエット期間だけ集中してやろうとする』

コレは失敗します。

何故なら、ダイエットはあくまでも基盤が出来るだけだからです。

体重を落とした後の『継続したカラダ作り』が1番重要なんです。

やめたら元に戻る。

良くある失敗が、ダイエットで目標を達成したらやめてしまう考えです。

せっかくダイエットでカラダ作りを覚えても、継続しないと意味がありません。

もしかすると、以前のように太らないかもしれませんが、ダイエット終了後に何もしないで食べ続ければ、いつかリバウンドするものなんです。

ダイエットの目標達成=カラダ作りの入り口に立った

目標達成がスタートラインなんです。

継続して維持することが「本当の意味での目標」なんだと思います。

生活習慣も見直す

ダイエットに成功した人は、生活習慣も見直す事が多いです。

何故なら『せっかく頑張って痩せたから、もう太りたくない』と思うから。

太らない為に『良いよい生活習慣』を実践しようと思うはずなんです。

ここまで来れば、ほぼ太らない。

先ずは基礎を固めましょう。

やっぱり基本がたいせつなんです。

朝起きてから夜寝るまでに、「やらなくて良いこと」が多すぎたりしていませんか?

スマホで夜更かしや、毎日のちょっとした甘い物。

いつも後回しでやらない面倒なこと。

こんな感じで、いつも自身に甘くダラダラと過ごしていると、生活習慣が緩むことは間違いないです。

睡眠時間が削られたり、モチベーションがあがらなかったり、楽な方に逃げてダイエットの弊害になります。

しっかり、生活習慣をみなおして行動してみることなんです。

しかし、自身の生活習慣しか知らない人もいるかもしれません。

そこでおこないたいことは「学習すること」です。

記事を読んだり、本で学んだりしてみると意外にこたえが書いてあるかもしれませんね。

ご褒美を用意しておく

ダイエットを成功させる為に『ご褒美』を考えておきましょう。

わかりやすいのが「憧れの服を着ること」です。

『憧れの服を着る為に頑張り、ご褒美で買う』事が、辛い時にもモチベーションになりますよ。

ご褒美という名の目標を掲げましょう。

やっぱわかりやすいのがご褒美ですよ!

目の前にある目標と、達成したときのご褒美があると頑張れる物です。

1番わかりやすいのが洋服です。

誰しも「あー、いつか私もあんなスリムな服が着られたならな!」って思いますよね?

ダイエットでサイズダウンしたら、ご褒美にブランドの服でも買っちゃおう!!くらいの気持ちでも良いかも知れません。

励みになるとこ間違い無しです。

最初は無理をしない

ダイエットのスタート時期は無理しなくても大丈夫。

いきなりガッツリ1時間やろう!とか思うとキツくて挫折します。

先ず最初に行う事は20分くらい軽い運動をして『カラダを慣れさせる事』なんです。

なんか物足らないな!と思うくらいから徐々に行えば大丈夫。

ダイエットの開始時は「意気込み」もあって、くさん運動を考えてそうですよね?

たくさんやることは間違いではありませんが、やり過ぎると後で続かなくなります。

運動にカラダが慣れていなければ、筋肉痛にもなるし疲労もたまります。

これから毎日ダイエットを行ないたいはずが、最初に飛ばしすぎたために身も心も言うことをきかなくなります。

キツい、つらい、もうむり。。。やめよう。。。

これでは、意味がありませんよね?

ダイエットを持続させる方法は「継続すること」なんです。

最初は「カラダを運動に慣れさせる」事が重要です。

自身のレベルにあったダイエットを行なう事が大切なんです。

でも、やったことないから自身のレベルなんて分かりませんよね?

ではどうするべきか?

こたえは専門家に見て貰うことです。

プロに見てもらえれば、正しい方法で的確にダイエットをサポートしてくれますよね?

悩んで困るより、頼んだ方が結果的に楽ですよね?

ダイエットと一緒に専門技術も学べて、自身のスキルにもなります。

結果的に「効率よくダイエットし、スキルが身につく」とお得ですよね?

プロのサポートに興味があるなら。

>>【93%の人がリバウンドしない】ダイエットで頑張っても痩せないのは、理由があります。

姿勢を正す

ダイエットのスタート時に、筋トレや有酸素運動も確かにいい。

同じくらいに重要なのが『姿勢』です。

鏡の前で真っ直ぐ立ってみて歪んでいませんか?

姿勢を正すことが出来れば、それだけでも代謝は上がります。

方法は「頭、背中、お尻、カカト」を壁につけて立つ。

ダイエットには「筋トレと有酸素運動」だけと思うかもしれません。

じつは、同じくらい大切なのが姿勢なんです。

実際に壁に 「頭、背中、お尻、カカト」を、ぴったり付けて立ってみてください。

ちゃんと立てましたでしょうか?

体幹をしっかり使わないと、姿勢良く立つことも難しい事なんです。

逆を言えば姿勢を良くするだけで、体幹も鍛えられるってことですよね?

体幹も鍛えたいならこちらから

腹筋トレーニングが嫌いな人こそ「体幹を効率良く」鍛えましょう。おすすめアイテム有り

間食をやめる

ダイエットのスタートでおこないたいことは「間食をやめること」です。

やっぱ間食のポテチとかは旨いんですよ!!

しかし、この間食をやめないとなかなか肥満から脱出することが出来ません。

最悪、間食するならローカロリーの物に変換するか、果物にかえる。

ダイエットの一番の的は甘い誘惑ですよね?

食後に食べるデザートは美味しいし、隙間時間に食べるお菓子は至福の時間です。

しかし、ダイエットするならやめるべきです。

なぜなら常にカロリーを摂取して、無駄な脂肪を蓄え続けるからです。

せっかく一生懸命ダイエットでトレーニングしても、食べたら水の泡になりますよね?

最悪はお菓子から、カラダに良い物に変換することがおすすめです。

しかし、それでも行動心理学からいって、間食の習慣を絶つのはなかなか難しい事なんです。

現状維持バイアスといって、現在の「楽な状態から変化を嫌う」からなんです。

つまり、勇気をもって最初の1歩を踏み出す事が大切なんです。

もし、自身を変えたいとおもうなら1歩進んで欲しい。

食事管理でお悩みならこちら

筋トレ無しで減量する方法「低糖質な食事で栄養バランスを整える」

挫折と誘惑

挫折と誘惑

ダイエットの強敵は挫折と誘惑なんです。

なぜなら、停滞期はもどかしくモチベーションをさげるから。

誘惑は「食べたい気持ち」が、どうしてもあふれるからです。

解決策は2つ。

  • 体重計に乗らずトレーニングすること。
  • 間食しないよう3食しっかり食べる事。

これだけ。

ダイエットによくある事が挫折と誘惑です。

停滞期に入ると「痩せない!どうしよう」ともどかしくなりますよね?

原因は様々で、初期段階で運動により刺激が入り、脂肪が燃えやすかったが、落ち着いてしまった。

筋肉量が増えて脂肪が減って±0で体重が落ちない。

こんな事に振り回されて、モチベーションをさげたくないですよね?

やることは簡単です。

「体重計にならないこと」

正しくダイエットを行なっていれば、必然的に痩せていくものです。

なので、体重計に乗る必要なんてないのです。

甘い誘惑、つまり間食も強敵ですよね?

ココロの意思も必要なんですが、基本は3食バランスよく食べることです。

許容範囲で食べなさすぎも問題なんです。

ちゃんと食べてちゃんと動く。

基本に忠実なことが大切なんです。

結果は後からついてくる。

カラダを動かすことの気持ちよさを知る

ダイエットするなら最初は「カラダを動かして汗をかく気持ちよさ」をしってほしいです。

運動のメリットはダイエットだけではなく、ストレス発散にもつながります。

運動をはじめたてのダイエッターは「自身あった気持ちよいレベル」で先ずは楽しむ事が大切なんです。

ダイエットをしたい人にとって運動は嫌いなことですよね?

しかし、誰しも子供の頃に走り回って体を動かして、汗をかいて気持ちよかった経験が1度はありますよね?

そんな楽しかった事を、思いだして欲しいのです。

無理矢理やらされているのではなく、ただ楽しかった事です。

そんな、楽しかった気持ちでカラダを動かしてみると、充実感があってココロもスッキリするものなんです。

先ずは運動の楽しさを思い出してみることです。

ダイエットするならタイムマネジメントも

ダイエットするなら分類して学習すること。

  • 筋力アップの方法
  • 有酸素運動のやり方
  • 食事の選別方法
  • タイムマネジメント
  • 睡眠

なんでタイムマネジメント?って思うかもしれません。

時間の管理は生活習慣の管理でもあります。

出来ないと上手くいかないです。

ダイエットには筋トレ・有酸素運動・食事・タイムマネジメント・睡眠が必要になります。

1つずつ学習して、実践することが大切です。

ここでなんでタイムマネジメント?って思うかもしれません。

結論は、時間を有効活用出来ないと、ダラダラして生活習慣が乱れるからです。

生活習慣が乱れると、やる気にも睡眠にも食事にも、全てに影響しますよね?

タイムマネジメントしてスケジュール管理できれば、迷わずダイエットに励むことが出来ます。

タイムマネジメントには「無駄を省く」効果もありますので、学習してみることもアリだと思います。

タイムマネジメント・時間をにつくるには「体を鍛えましょう」健康になる

ダイエットには信念も必要

ダイエットするなら信念があった方が良い。

もし無いとこうなります。

  • 「今日はがんばったからタップリ食べてもいいや」
  • 「今日はダルいからやめよう」
  • 「雨降りそうだから歩くのやめよう」

信念がないと「常にやらない理由」を探してしまいます。

あるべき目標を忘れてはいけない。

やっぱりダイエットを行なうなら、信念は必要です。

信念がないと、気分次第で行動するからです。

気分で行動すると「言い訳」が出てきます。

「ダルいし、天気悪いし、今日は頑張ったし」

これではやらない理由ばかり探すことになります。

ダイエットを始めるまえに「守るべき事」はなになのか?を明確にするべきです。

ちょっと厳しいかもしれませんが、言い訳して自身に甘いようではダイエットの成功はありません。

解決策有:ダイエットが出来ないのは何故?「やらない理由を探しているからです」

運動するならシューズ選びは必要

運動するならシューズ選びは必要

ダイエットではシューズ選びをちゃんとして欲しい。

有酸素運動は長い時間になりますので、極力「足の負担」を減らしたいところなんです。

スポーツショップで「HOKA ONEONE」を試履きしてみて欲しい。

ソールの柔らかさに驚くと思います。

歩き疲れないシューズです。

ダイエットを行なうなら有酸素運動は欠かせません。

そうなると必要になるのはシューズですよね?

おそらくですが、形から入る人でなければ、「シューズは適当で良いか」なんて思うかもしれません。

しかし有酸素運動はわりと運動時間が長くなります。

そうなると、足への負担ってバカに出来ないですよね?

そのときに大切なのが足をフォローしてくれるシューズなんです。

でもシューズなんて「よく分からない」って思いますよね?

そんな人に履いてもらいたいのが「HOKA ONEONE」です。

靴底が柔らかく「今まではいたことのない感触」で足に優しいシューズです。

履くとクッションの柔らかさに驚くと思います。

ランニング初心者でも履ける「HOKAONEONE」と「ON」を走り比べてみた。

メンテナンスにストレッチ

ダイエットで運動した後は忘れずにストレッチをして欲しいです。

なぜなら、筋トレで使った筋肉は凝り固まります。

固まった筋肉をほぐして上げることで回復も早くなるし、筋肉痛を軽減してくれます。

面倒だと思うかもしれませんが、5~10分くらい時間を作って欲しい。

慣れないダイエットを行なう人は、ストレッチをやって欲しいです。

凝り固まった筋肉をほぐして上げないと、明日行なうダイエットに影響します。

筋肉痛だったり、カラダが固く感じると動きたくないですよね?

そうなるまえに、5~10分でもストレッチをして上げることがたいせつなんです。

ストレッチでカラダをのばして上げることで、疲労軽減に繋がります。

明日に持ち越すようなの疲労は、なるべく取り除きたいですよね?

健康のために実際に使用する「カラダのメンテナンスアイテム6選」

まとめ

ダイエットを始めるまえに知っておくべき知識や考え方まとめ

ダイエットに励んでより良いライフスタイルを作って欲しいものです。

そのためには、しっかり学習して継続しましょう。

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です