「2週間でダイエットサポートがある理由」MCTオイルでケトン体をつくりましょう。

さいきん話題になっている「MCTオイル」ってしっていますか?

MCTオイルをとると、どんな効果が期待出来るのか?

どのようなダイエットサポート効果があるのか?

こんな内容を簡単に解説します。

この記事で分かること
  • MCTオイルで栄養補給の仕組みは
  • ケトン体が出るとどうなるのか
  • MCTオイルの摂取量・使い方は
  • ケトン体との相性がよいものは

さっそく、結論ですが「約2週間でケトン体」が出来ます。

糖分からの栄養ではなく「脂肪燃焼のサポート(栄養補給)」を行なう可能です。

つまり、溜まった内臓脂肪を「上手に変換するサポート」が、出来るようになりますよって事です。

MCTオイル はこちらからご購入できます。

詳細はこちらからご確認できます。

先ずは試して見ませんか?

「2週間でダイエットサポートがある理由」MCTオイルでケトン体をつくりましょう。

「2週間で効果有り」MCTオイルでケトン体をつくり脂肪燃焼体質に変えましょう。

MCTオイルの一番の効果は体質改善のサポートです。

巷の置き換えダイエットや、糖質カットのダイエットと違うところが特徴です。

我慢する必要がないことがなく、ダイエットサポート効果(栄養補給)があるのがメリット

もちろん、多少の食事管理を行なう必要はありますが、無理なくダイエット出来るのは精神的にも楽ですよね?

そんな、MCTオイルの仕組みを解説していきます。

そもそもMCTオイルってなに

MCTオイルの主成分はココナッツに60%含まれている「中鎖脂肪酸」の事です。

抽出して100%のオイルにしたものがMCTオイルです。

一般のラードやオリーブオイルなどのオイルは、長鎖脂肪酸と言われています。

中鎖脂肪酸は水に溶けやすく長鎖脂肪酸より吸収が早いことが特徴です。

そのスピードは約4倍です。

つまりいち早くエネルギーとして使いやすいのがMCTオイルです。

MCTオイルで栄養補給の仕組みは

結論は、MCTを補給するとダイエットサポートとして、脂肪燃焼回路のスイッチをオンからです。

普通のカラダですと糖分を摂取して、筋肉中に蓄えられたグリコーゲンと言われる糖分から、栄養を消化してから脂肪燃焼が始まります。

それに対して、MCTオイルをとった場合には、ケトン体がでやすい体質になります。

両者のエネルギー変換の仕組みはこちらです。

  • 糖の燃焼回路:糖質→ブドウ糖→エネルギー
  • 脂肪の燃焼回路:脂肪→ケトン体→エネルギー

つまり、ケトン体は脂肪からエネルギー変換する役割があります。

結果的にダイエットサポートの栄養補給として、期待が出来るってことなんです。

ケトン体が出るとどうなるのか

ケトン体が出来ると、常に脂肪燃焼回路をオンにしやすい状態が続くので、エネルギー不足になりにくいのが特徴です。

つまり、脂肪からエネルギー消費をしやすくなりますよね?

普段から脂肪を燃焼する回路があって、慣れていれば「脂肪燃焼と糖質燃焼の両方が使える」ハイブリット型のカラダが出来ることにもなります。

カラダにあるエネルギーを効率良く使えるようになるのが、ケトン体のメリットでもあります。

このケトン体をMCTオイルを使わずに、自力で出す場合をみていきたいと思います。

糖質カットは辛くおすすめしない(炭水化物抜きでケトン体を出す場合には)

炭水化物抜きでケトン体を作り出すには2週間程度必要です。

炭化物抜き→2週間継続→中性脂肪が分解・エネルギー生産→ケトン体生成→体重減少

いわゆる糖質カット・炭水化物抜きのダイエットです。

メリットは、炭水化物抜きで血糖値があがらないために、余分な脂肪をためなくなります。

デメリットとして、ストレスや糖分不足で眠気やふらつきなどもおこります。

精神的にもキツいので、炭水化物抜きでケトン体を作る事はおすすめ出来ません。

食事の糖質量

ご飯53g・うどん58g・蕎麦52g・ステーキ1.2g・パスタ55g・トースト26g・ラーメン69g

肉類に糖質が少ないことが、数値で分かります。

実際に糖質カットの実体験を行なった

炭水化物抜きでケトン体を作るために、実際に糖質カットを体験してみました。

完全に米抜きをして、肉類などのおかずだけにして実験しみました。

結果は、頭痛・ふらつき・思考停止で、まともな生活を送れる状態にはなりませんでした。

なぜなら「慣れない糖質カットで脳内がついて行けなかったから」です。

多分ですが、我慢して2週間乗り越えたらケトン体を作れたと思います。

しかし、その前に思考停止でひっくり返っているか?もしくは意識が混濁して、日常生活にならないと判断しました。

もしかすると、違う病気を発生させていたかもしれません。

つまり、安易に自身で糖質カットを行なう事は危険もあるよ!ってことなんです。

だとすれば、無理せずケトン体が出しやすいダイエットサポートのMCTオイルに頼る方が楽です。

食事管理も無理なく上手にコントロールすることで、楽にケトン体の体質に持ち込めると思います。

結果をきいてどちらを選ぶかは、言うまでもなく明確に分かりますよね?

MCTオイルの摂取量・使い方は

MCTオイルの摂取量・使い方は

1日6~10gをとることで脂肪燃焼回路のダイエットサポートが可能です。

6gは運動していない人で、一番低い数値です。

これから痩せたいという人の摂取量です。

使い方は味噌汁やコーヒー、ドレッシングなどにいれて混ぜて使うことが出来ます。

基本的に他の食材への阻害がないので、日常に使いやすい食材なんです。

ただしMCTオイルの加熱は厳禁です。たらして混ぜるだけにしましょう。

摂取のタイミングは

摂取タイミングは朝の食事前がベストです。

なぜなら、1番ケトン体がでやすい状態だからです。

食事を食べると、どうしてもケトン体の数値が下がるので、朝の食事前が一番効果的です。

MCTオイルは吸収が早くて、2時間から4時間くらいで血中に吸収されます。

ダイエットの運動中のエネルギーとしても使える

MCTオイルを運動の2~3時間前にとれば、エネルギー源としても使えます。

バナナとかだと15分から30分位で血糖値が上がってくるので、即エネルギーになります。

逆にケトン体が効果を発揮するためには、少し時間が必要です。

上手に利用することで、運動中のエネルギーが切れがなくなるのが、MCTオイルの良いところです。

アミノ酸・糖分がすぐ吸収されて注目されやすいのですが、脂肪も運動中のピークに合わせて摂取するとエネルギーとして使えます。

調整すると余計な糖分を摂取せずに、エネルギーとしてうまく使えますね。

なお、ケトン体を出し続けるためには、少量でも毎日使うことが大切です。

ケトン体との相性がよいものは

ケトン体との相性がよいものは

ケトン体はタンパク質と相性が良いです。

腹持ちも良くなりますが、胃もたれのデメリットがあります。

消化酵素にかなり負担がかかる事がありますので、気をつけたいところです。

お腹が緩くなったり、腹痛や下痢になる場合もありますので、最初は少量から始めることが大切です。

他にも、ケトン体は脂溶性ビタミンとも相性が良いです。

MCTオイルが脂なので、吸収効率が高まります。

ミネラル類が不足するとエネルギーを吸収しなくなります。

ミネラル類も一緒にとりましょう。

・ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)・ビタミン A・C・D ナイアシン・鉄・マグネシウム

ケトン体が作られるときは、カラダの水分が減少しやすいです。

水分が少ないと便秘やケトン体が、うまく作成出来なくなります。

質の高い水分補給も、同時にしっかり行なう必要性があります。

おいしいお水をすべて無料でお試しするならこちらをどうぞ。

>>お水の宅配アクアクララ 無料お試しキャンペーン中!

まとめ

ケトン体についてまとめ

MCTオイルを使ったダイエットは、疲労感が出にくかったりパフォーマンスが向上します。

いきすぎた糖質カットや、置き換えダイエットのように、ストレスを感じず行えるのがメリットです。

少しずつ使い、ならしてダイエットのサポートに役立てれば幸いです。

なお、MCTオイルを選ぶ際には「ココナッツ100%」を選ぶようにしましょう。

お忘れになる前に手元に置いておくのがおすすめです。

この記事を読んだ方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です