[停滞期の仕組みと対策を掲載]ダイエットの停滞期で挫折するには理由があります。

  • ダイエットの停滞期で挫折する
  • 体重が落ちなくて悩む
  • 何をして良いか分からない

こんな悩みを解決します。

そんな私はトレーニングで-14kgやせて、現在はスポーツを楽しんでいます。

そんな私がお答えします。

さっそく結論ですが、必ずおこる停滞期を上手に通り抜け、基本的な「運動・食事・睡眠」を行なう事です。

大きな面でみれば、停滞期だけに焦点を当てず短期間でのダイエットを考えないことです。

この記事で分かること

✓停滞期の仕組みを理解する

停滞期中に行なう事「食事について」

停滞期中に行なう事 「運動は?」

とはいえ、それでも気になるのがつらい停滞期ですよね?

そんな、停滞期の仕組みと解決方法を解説します。

ダイエットの停滞期で挫折するには理由があります。「短期間で行なわないこと」

ダイエットの停滞期で挫折するには理由があります。「短期間で行なわないこと」

ダイエットの停滞期で挫折する

ダイエットを始めると、最初は体重が落ちて結果が目に見えて分かります。

わかりやすく減少すると、うれしいものですよね?

体重減少がしばらく続き、停滞期に入るとスランプのように結果がみえず悩んでしまいます。

やっぱりダイエットは向いていないかも。。。

こんな悩みで挫折してしまいます。

しかし、もし停滞期の内容を理解していたら、そんなに不安にならないものです。

つまり、停滞期の仕組みを理解することなのです。

停滞期の仕組みを理解する

結論は急激な体重・脂肪の減少で、飢えないようにカラダを守ろうと反応するからです。

栄養の吸収力が「普段より上がりますよ」ってことなんです。

つまり、脂肪を蓄えようとする力が強くなり、カラダに蓄積しやすくなり体重が減らないのです。

ちなみに、停滞期はもともとあった体重の5%の減少あたりからおこります。

例えば、70kgだった場合には「70×0.05=3.5kg減少」です。

では「停滞期にはなにをすればよいの?」って思いますよね?

解説していきます。

停滞期中に行なう事「食事について」

停滞期は2週間から1ヵ月、長いと2ヶ月くらい悩むこともあります。

しかし、停滞期の仕組みを理解していれば悩む必要はありませんよね?

時間はかかるかもしれませんが、停滞期中に出来ることを確実に行ないましょう。

あえて少し食べる量を増やすこと「チートデイをつくる」

結論は、チートデイといって、あえて好きなものを食べて食事量を増やすことです。

なぜならカラダが飢餓状態で、栄養吸収率が上がりすぎているからです。

あえて食べる事で飢餓状態を抜けだし、吸収率を下げることが目的なのです。

もしかすると「それでは太ってしまう」と思うかもしれません。

しかし、カロリーをコントロールすれば大丈夫です。

基礎代謝+運動量を上回る事がなければ問題ありません。

もう一度言いますが、食べる事によってカラダの飢餓状態を無くすことが目的なんです。

チートデイをうまく利用して、食べる事によってストレスも発散出来るので、実は一石二鳥なんです。

✓過剰な食事制限をしていませんか?

✓食事の内容はバランス良く食べていますか?

食事のコントロールなら「プロ監修のご飯」を活用すると、ストレスなく楽に行えます。

よかったらチェックしてみてください。

サポートミールの口コミ。失敗しない減量方法は「低糖質な食事で栄養バランスを整える」

水分補給もおこなう

普段から水分補給はひつようですが、停滞期中にはより率先してとりましょう。

なぜなら、水分補給を行なう事で、たまった老廃物を出しやすくなるからです。

運動でも沢山汗をかくとカラダの水分が失われますので、しっかりとりましょう。

水分が補給されることで新陳代謝も良くなります。

こまめに水分補給をおこない、1日に2リットルを目安に飲むことが良いとされています。

水を飲む際にキンキンに冷えた水ばかり飲んでしまうと、内蔵の働きがわるくなります。

消化不良になってしまいますので、常温や白湯をかつようするのがおすすめです。

お水に関しては「質のよいもの」を選び、吸収力を高めるとなおよいです。

無料でお試しできるウォーターサーバーがありますので、よかったらチェックしてみてください。

【無料でお試し】ウォーターサーバーで人生も変えた理由「水でダイエット成功」

停滞期中に行なう事 「運動は?」

停滞期に入ると「痩せないからより沢山運動すればよい」と思うかもしれません。

しかし、過剰に運動量を増やしてしまうと、カラダが飢えに反応して停滞期が長引いてしまいます。

これでは逆効果になります。

解決策としては「別メニューの運動」を行ないましょう。

運動量はさほど変えずに、別の筋肉を刺激するので代謝アップにつながります。

  • 筋力トレーニングをメインにしていたら、フィットスやヨガに変えてみる。
  • エアロバイクなどの有酸素運動をメインに取り入れてみる。

ふだん行なっていない運動を取り入れる事で、マンネリ化も解消できます。

刺激にもなりますし、気持ちの面でもかわりますよね?

停滞期中にダメな行動は

停滞期中にダメな行動は

結論は3つあります。

  • 食事制限しすぎること
  • 過剰に運動量をふやすこと
  • ダイエット自体をやめてしまうこと

食事制限しすぎること

停滞期中の飢えた状態で、食事制限を行なってしまうとかえって長引きます。

なぜなら、カラダが栄養がたりないと、危機感を感じ続けるからです。

つまり、とった栄養を脂肪に蓄えようとします。

これでは逆効果になってしまいます。

1日3食をバランス良く食べる事をおすすめします。

食事についての悩み解消は、先ほどの「停滞期中に行なう事・食事について」に掲載しています。

過剰に運動量をふやすこと

停滞期中に運動量を増やしすぎると、カラダの飢えた状態が悪化します。

ますます飢えないように栄養をため込むことになります。

あせって運動量を増やしても、カラダが故障したり疲れがたまったりします。

停滞期中に無理して行なう事ではないことが分かると思います。

それでも「気になって仕方がない」と思うかもしれません。

そんな人は、先ほどの「停滞期中に行なう事 ・運動は?」を参考にしてください。

ダイエット自体をやめてしまうこと

停滞期中に挫折して「もうやめたい」と思うかもしれません。

そんな人には「ここであきらめないでください」と言いたいです。

確かに停滞期は「見た目の現状が変わらず」が辛いものなのです。

しかし、中身は別物なんです。

停滞期はダイエットにおける「1つの通過点までたどり着いた証拠」です。

正しくダイエットが行えている事を、理解してほしいものです。

この先に「理想のカラダ」になることを、思い浮かべてください。

この停滞期がすぎれば、また痩せていきますので最終目標を目指してください。

それでも「心配だな」と思う人は、より専門家のアドバイスを受けてみることをおすすめします。

【93%の人がリバウンドしない】ダイエットで頑張っても痩せない理由

まとめ「停滞期を越えた後には」

まとめ「停滞期を越えた後には」

停滞期の仕組みを理解しうまくを乗り越えると、また体重が減少していきます。

ようやく減少してホッとする事だと思います。

ここからダイエットを継続することで「理想のカラダ」に近づいていきます。

そのためには規則正しい生活が大切で「食事・運動・睡眠」を継続させていくことです。

最終目標を目指してダイエットに成功して「なりたいカラダ」になりましょう。

達成後に、着たい服をきて、やりたいことをおこない、自身の望みを叶えてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です