ダイエットでジョギングが続かない7つの理由

  • ダイエットでジョギングが続かない。。。
  • 途中で挫折してします。

こんな悩みを解決します。

結論は、ジョギングの準備が出来ていないからです。

なぜなら、道具・やり方・スキルなどの知識が無いと、上手く走れないからです。

例えば、なんの準備も無しに「今から新しい仕事に取り組んでください」と言われても無理ですよね。

仕事を行なうにも準備が必要ですし、状況に応じて道具も必要になります。

ダイエットで行なうジョギングも同じ事が言えます。

例え話ですが、なんとなく言っている意味が分かりましたか?

つまり、ジョギングする前に準備しましょうって事なんです。

続けられない理由は
  • 走るスキルがない
  • カラダが悲鳴を上げて追いつかない
  • 目標がない
  • 習慣化してない
  • 道具を疎かにしている
  • やらない理由を探してしまう
  • 外に出るまでにココロが折れる

この記事を書いている私はマラソン歴13年のランナーです。

早速解説します。

走るスキルが無い

走るスキルが無い

ダイエットでジョギングを行なう場合に走るスキルが無いと継続出来ません。

なぜなら、上手に走れないからです。

走り方を理解せずただ闇雲に走っても、どこかぎこちなくなります。

つまり、無駄に疲れてしまいます。

いらないところにチカラが入ってしまう。

力んでカラダを傷めてしまう。

このような理由からもスキル無しで走ると効率も悪く体調まで崩しかねません。

例えば、走るときに良くある失敗例が「一生懸命、腕を前に出す」こと。

前に進みたい気持ちが表れているのは良いことですが、逆効果です。

おそらく腰を痛めると思います。

正しくは、腕を後ろに引くことなんです。

腕を引き、足を前に出すことで前後のバランスが取れますよね。

これが、腕も前、足も前でしたらいかがでしょうか?

腰だけ引けていて、突っ張っていて腰に負担がかかりそうだと思いませんか。

バランスも前重心になりすぎて、体勢もツラいと思います。

無理矢理バランスをとろうとすれば、カラダは力んでしまいます。

力んだ状態で走り続けると、カラダの負担が大きくなり怪我の原因になってしまいます。

リラックスして、正しいフォームを知ることが大切なんです。

ジョギングはウォーキングの延長線にありますので、先ずは歩く事から意識して見ましょう。

歩く仕組みを解説した記事がありますので参考にしてみてください。

スクワットや腕立て・腹筋が出来ないダイエット初心者が行なうトレーニング「歩く」仕組みを解説

カラダが悲鳴を上げて追いつかない

カラダが悲鳴を上げて追いつかない

根本的にジョギングする筋肉が足りないかもしれません。

筋力不足であるにもかかわらず、走って体重が足に負担がかかるとたえきれず悲鳴を上げます。

そんな状態で最初からダイエットでジョギングを行なうとカラダが耐えきれませんよね。

耐えきれない状態で走ると「膝・腰・股関節・足首」などを痛めてしまうケースも。

こんな事になる前に自身の体力レベルを確認することが大切です。

もしかすると、痛みを堪えて無理して走ることが努力の証と思うかもしれません。

しかし、痛みを堪えて持続できれば良いですが、怪我をして長期的に休むことになったら本末転倒ですよね。

治療費もバカにならないし、肝心のダイエットも怪我をしたばかりにストップ。

これほど馬鹿らしいことはありません。

なので、最初に行なう事は「無理せず走り違和感を覚えたら歩く・中止する」事を検討することなんです。

根性論でジョギングをしてもリスクしかないよって事なんです。

挫折しない為にも、最初は無理せず慣らしていきましょう。

100mジョギングして500m歩いても全然オッケーなんです。

走った後は怪我をしないようにカラダのメンテナンスも行ないましょう。

健康のために実際に使用する「カラダのメンテナンスアイテム6選」

目標がない

 目標がない

明確な目標を作らないとジョギングは続かないです。

なぜなら、ただ走っているだけだと飽きてしまうからです。

自分はなんで走っているのだろう・いつまでやるのだろう

こんな気持ちではやる気がなくなりますよね。

つまり、ダイエットを目標で走る訳なんですが、その中でもゴールを決めることなんです。

  • 体重を10kg落とすことがゴールなのか?
  • 3ヶ月走り続ける事がゴールなのか?
  • いっそ大会を目指すのか?

このような目標を設定する事が挫折しない理由になります。

要するに、続けるための理由を明らかに分かるようにする事なんです。

ゴールがあれば、目標に向かって階段を1歩ずつ上っていけますよね。

例えば、目標がなかった場合「無限に続く階段を上る」感じかもしれません。

終わりが見えない恐怖で、絶対にやりたくないですよね。

このようにならないためにもゴールを決めましょう。

コツとしては最終目標を定めて、段階的に小さなゴールも設定する事です。

例えば体重10痩せるなら、2kgずつで区切ってゴールをきめてみるとか。

いきなり10kgだと遠く感じますが、2kgならなんとかなりそうと感じませんか?

1個達成出来たら、また次の小さなゴールに向かって走ります。

この継続したゴールを作る事で、気がついたら目標まで到達出来るものなんです。

自身のココロの負担を減らす効果がありますので試して見てください。

習慣化してない

習慣化してない

ジョギングは習慣にしないと続きません。

なぜなら、慣れない作業にやる気がなくなるからです。

週に3回走るとか、朝走るなど明確な習慣を付けないと挫折するものです。

やはり、1日のサイクルを安定することが大切になります。

ジョギングも同じで、同じサイクルで行なった方が習慣化しやすくなります。

例えば朝目覚めてご飯を食べて歯を磨いて、身支度をしたら仕事に向かう。

これも習慣化しているから、無意識でもカラダが動きますよね。

逆に毎回順番を変えてみたらいかがでしょうか?

なんだかシックリこない日が出てきませんか?

ジョギングも同じ事なんです。

24時間のサイクルの中で時間を決めることで習慣化する事が可能になります。

慣れてきて、サイクルに飽きてきたら今度はあえて朝から夜に変えたり刺激を入れて楽しむ事もアリです。

先ずはカラダに染みつくように、一定の時間帯に絞って行なう事が大切です。

最初の10日くらいは辛く感じるかもしれませんが、だんだん慣れて当たり前になりますから安心してください。

道具を疎かにしている

道具を疎かにしている

ジョギングに欠かせないのがジョギングシューズです。

なぜなら、足を保護する役目を果たすのも快適に走るにも必要だからです。

履きつぶした適当なシューズや、足に合わないシューズでジョギングすると痛みや不調が出てきます。

安易に安かのものを選んだり、足のサイズも測らずネットで購入することは危険です。

シューズはメーカーやモデルによって、同じサイズでも誤差が出るからです。

特徴も様々にあるので、できれば「シューフィッター」がいる専門店で見てもらうことが大切です。

走れない人ほどシューズ選びを疎かにする傾向があります。

「まだ初心者だからこれくらいでいっか」のような感覚で選ぶと後で後悔します。

初心者ほど的確に高くても良質なシューズを選ぶ必要があります。

なぜなら、先ほども言ったように足を保護する役割があるからです。

カラダが出来ていない人ほど、足の負担を減らして走りやすくすることが大切なんです。

どうせジョギングするなら気持ちよく走りたいですよね。

シューズ選びに関してはこちらの記事に掲載しています。

初心者がダイエットでジョギングを行なうやり方15選(方法がよく分からない人に)

やらない理由を探してしまう

やらない理由を探してしまう

ジョギングをはじめてみたもののカラダが重いって感じる事がありますよね。

  • 今日は曇って雨が降るかもしれないから
  • なんとなくやる気がしないから
  • 今日は疲れたから

このようにやらない理由を探し始めるとキリがありません。

気持ちもネガティブになり、ますますカラダは重たくなり走りたくなくなります。

今日は止めておこうが、明日もなんだか。。。

ついには1週間やらずじまいで最終的には挫折。

やらない理由探しが続くと動き出すことが出来なくなります。

ネガティブな気持ちを払拭するのは大変ですが、思い切ってやることが大切です。

理由を考える前に走ってしまいましょう。

外に出るまでにココロが折れる

外に出るまでにココロが折れる

とは言っても、準備して外に出るまでに挫折して止めることもあるかもしれません。

なぜなら、準備が出来ていないからです。

シューズだして、ジャージに着替えて、時計はどこだっけ?なんてやっていると、ドンドンやる気がなくなってしまいます。

もうめんどくさいから明日から走ろうでは到底継続することは難しいです。

対処法としては、ジョギングセットを予め用意したおくことです。

毎回、同じ場所にサッと手に取れるところに全部準備しておくと挫折しないものです。

目の前に走る準備がしてあったら、走らないと罪悪感がありますよね。

それでも止めようと思ったら、とりあえず支度だけして外に出るだけでも試してください。

思い切って1回外に出ると「せっかくだからちょっとだけ走ってみようかな」といった気持ちが出ますから。

この気持ちは大切です。

そのためにも事前に準備して、即出られるようにしておきましょう。

挫折して続かないのか?継続出来るのか?はこんな所で差が付きます。

それでも外に出たくない人はルームランナーを活用すると良いかもしれません。

  • Yahoo!ショッピング2018年2月15日更新(累計2月14日)デイリーランキング1位
  • 楽天市場2020年1月31日更新(累計1月30日)ランキング1位

✓本格的ルームランナー「ジョンソン8.1T

まとめ

いかかでしたか?

最初は無理せず歩く事から初めても全然オッケーなんです。

大事なことは、続けられる環境作りなんだと思います。

少しずつでも継続してダイエットの目標が達成出来ると良いですね。

お読み頂きありがとうございました。

・この記事を読んだ方におすすめ

自己流のダイエットで頑張っても痩せない理由5選【93%の人がリバウンドしない方法アリ】

「2週間でダイエットサポートがある理由」MCTオイルでケトン体をつくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です