【格安】ロードバイク乗り必見のブレーキランプ・ギザプロダクツ「ナノブレーキライト」

ロードバイクに役立つアイテムを発見したのでご紹介します。

【GIZA PRODUCTS】ギザプロダクツ「ナノブレーキライト」です。

ロードバイクやクロスバイクのブレーキランプとして使えます。

特徴としては、ブレーキをかけた時のみ点灯することです。

通常のテールランプは点灯し続けますが、 ギザプロダクツ「ナノブレーキライト」はスプリング構造を利用して、ブレーキをかけるたびに点灯する仕組みです。

ギザプロダクツ「ナノブレーキライト」 実際に点灯してみた

どんな感じかは、言うより実際に見た方が早いので映像で確認してみてください。

※赤いライトで目がチカチカする可能性がありますので注意してください。

いかがでしょうか?

結構明るいと思いませんか?

次に室内を真っ暗にして実験してみました。

映像はこちらです。

※赤いライトで目がチカチカする可能性がありますので注意してください。

いかがでしょうか。

テールランプと比べたら弱いのですが、ブレーキランプとしては重宝すると思いませんか?

キャットアイ(CAT EYE)とナノブレーキライト比べてみました。

画像がこちらです。

見比べてみると分かりますが、明るさがかなり違います。

つまり、使い勝手としてはテールランプとナノブレーキライトの両方を活用する事がおすすめです。

下記のキャットアイ(CAT EYE) はUSB充電が出来るので電池が必要ありません。

ほんの少しですが、重量加算を防げますよね。

対応ブレーキと取り付け方

対応ブレーキはキャリパーブレーキ・Vブレーキ・カンチブレーキ。

ロードバイク系は対応するって事ですね。

使用電池はCR1025で、1個付属されています。

点灯時間は50時間です。

電池部分はカバーにラバーリングが付いているだけです。

もしかすると、防水機能は期待出来ないかもしれません。

取り付け方

取り付け方はシンプルで簡単です。

  1. ライト本体にある「ノブ」を反時計回りに回転させ緩め、スリット(ノブで開いた隙間)にインナーワイヤーを差し込める状態にします。
  2. スプリングとライト本体のスリットをインナーワイヤーに差し込みます。
  3. ブレーキ制動時に点灯するように取り付ける位置を調整します。
  4. ライト本体のノブを時計回りに回転させ固定します。

注意点としては3番です。

取り付けの際、注意点としてスプリングの調整を行う必要があります。

ブレーキキャリパーとインナーワイヤー間の間隔次第では、常に点灯した状態になります。

バネを少し折り曲げ調整する事で解決できます。

まとめ

後続に自転車がいるとき、ブレーキを知らせる為に重宝するアイテムですね。

格安で、車のブレーキランプと同じような役割が出来るなら、導入する価値アリです。

キャットアイのセーフティライトRAPID X3が約7,000円くらいで、ギザプロダクツ「ナノブレーキライト」が1,345円なら安いですよね?

小型で5gと軽いギザプロダクツ「ナノブレーキライト」を導入してみてはいかがでしょうか。

お読み頂きありがとうございました。

✓Amazonで購入はこちら

✓楽天市場で購入はこちら

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ナノ ブレーキライト LPT07200


感想(2件)

・この記事を読んだ方におすすめ

ロードバイクでサイクリング「CO2ボンベでパンク修理失敗!」予備が無い時の豆知識

始めてのロードバイク「まだサイクリングしていないあなたが用意するもの・注意点」

ロードバイク初心者が知っておくべき知識と注意点「おすすめ14選」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です