「違いは何?」ロードバイクとTTバイク。トライアスロン初心者が選ぶのはどちら?

こんにちは@sekishige8です。

今回は、トライアスロンで使用するバイクの違いを紹介します。

ロードバイクとTTバイクでは何が違うのか?

どちらを選ぶべきか悩んでいる人に向けて掲載していきます。

この記事で分かる事
  • ロードバイクとTTバイクの違い
  • 選ぶポイントはどこ

これからトライアスロンをはじめる人や、バイクを購入したいと思っている方のお役に立てれば何よりです。

早速解説していきます。

トライアスロンをデビューしたい人向けの記事を掲載しました↓

「初心者向けトライアスロンの始め方」IRONMANフィニッシャーがレクチャーします。

「違いは何?」ロードバイクとTTバイク。トライアスロン初心者が選ぶのはどちら?

「違いは何?」ロードバイクとTTバイク。トライアスロン初心者が選ぶのはどちら?

早速結論ですが、初心者が選ぶべきバイクは「ロードバイク」です。

なぜなら、TTバイクは初心者に向いていないからです。

ロードバイクの特徴は

ロードバイクはハンドル操作もクイックです。

操作性も楽に扱えるので、スポーツバイクの乗り始めには最適です。

トライアスロンの大会では「コーナー」もありますので、クイックに操作できるロードバイクは初心者にとって扱いやすいいバイクです。

TTバイクの特徴は

対するTTバイク(タイムトライアルバイク)は空気抵抗を少なくし、早く走る為だけに作られたバイクです。

直進巡行性は高いものの、操作性には慣れが必要です。

ロードバイクのようにクイックなハンドル操作は出来ません。

TTバイク特有の構造から、ハンドルや動きがクイックではないのでロードバイクのように「街乗り」をする事は難しいです。

フレームのフォルムが違う

TTバイクの特徴としてフレームの形状が違います。

縦から見ると細いのですが、横から見ると分厚い構造になっています。

空気を受け流して、抵抗を極力をおさえる為にデザインされています。

設計上、重心が「前乗り」になるのもTTバイクの特徴です。

つまり、ロードバイクとは違って操作性がシビアになります。

分厚いフレームは横風の影響を強く受けますので、初心者には扱いにくく感じます。

前乗り重心の為、坂道もロードバイクよりきつく感じます。

特に勾配5%位から違いが出ると言われています。

ブレーキもロードバイクと違い、後方にしっかり重心を移動させる必要があります。

操作性に差が出るのがTTバイク特有の構造なんです。

選ぶポイントはどこ

選ぶポイントはどこ

ロードバイクとTTバイク、選ぶポイントは使用目的です。

多用とするならロードバイク

トライアスロン以外にも、街乗りやロングライドにも最適なのがロードバイクの特徴です。

シティサイクルより早く、大会にも出られてロングライドも可能なオールラウンダーとして使用できます。

ロードバイクならトライアスロンの他にも、エンデューロやクリテリウムにも参加可能です。

ヒルクライムレースもロードバイクなら参加出来ます。

手軽にサイクリング出来るのもロードバイクならではです。

大会一択ならTTバイク

大会でチカラを発揮できるのがTTバイクの特徴です。

トライアスロンのショート以外にもロング・IRONMANレースを目指している方にはおすすめ出来るバイクです。

特にIRONMANレースやロングの大会はバイクの「距離が長い」です。

極力、空気抵抗を無くして効率良く、早く走る必要があります。

つまり、TTバイクは大会で走る為に作られたバイクです。

長い距離になるほど影響は強く出るはずです。

初心者は最初の1台目はロードバイク

初心者は最初の1台目はロードバイク

2つのバイクを比較しましたが、初心者が1台目に購入するのは「ロードバイク」がオススメです。

ハンドル操作や乗り心地、使用目的の多様性も考えるとオールラウンダーが無難で安心です。

価格帯でもTTバイクよりロードバイクの方が最低価格が低い所もポイントです。

ロードバイクは最低価格で10万円くらいです。

TTバイクは最低でも20万円は軽く越えてきます。

高い所だと200万円です。

1番わかりやすいのは、専門のショップで行なわれる試乗会に参加することです。

CYCLE MODEと呼ばれる、自転車の祭典に参加するのもアリです。

どちらを選ぶべきか、個々にあった目的を検討し、慎重に考えることが大切です。

参考にバイクブランド

参考にバイクブランド

有名なバイクブランドを掲載していきます。

  • TREK
  • SPECIALIZED
  • GIANT
  • CEEPO
  • COLNAGO
  • DeRosa
  • Cervelo
  • ANCHOR
  • Bianchi
  • CANNONDALE
  • KUOTA
  • PINARELLO
  • FELT
  • Canyon
  • BMC

バイク選びをしているときが一番楽しい時です!

色々なバイクを比較して見ると愛着が出てきて、自身の1台が見つかりますよ。

著者が購入したロードバイクと理由

僭越ですが、私が実際にトライアスロンを始めるときに購入したバイクを紹介します。

1台目はロードバイク

購入したバイクは「ANCHOR」のロードバイクです。

理由はブリジストンが出していて「日本人向け」の構造だったからです。

ヨーロッパ人やアメリカ人など比較して日本人は低身長です。

つまり、サイズ感が合わなそうと思ったわけです。

購入する前にも沢山のメーカーパンフレットを数十社集めました。

全部並べて考えた結果がANCHORでした。

無難に乗りやすさを重視した、低コストのエントリーモデルです。

当時の価格で20万円くらいだったと思います。

その当時はフルカーボン製がまだまだ高価でした。

現在の20万ならフルカーボン製のロードバイクも買えそうですね。

2代目はTTバイク

2台目に購入したのがTTバイクです。

メーカーはCerveloです。

Cerveloを購入した理由は簡単です。

IRONMANレース=Cervelo

IRONMANレースでのCervelo人気が非常に高くて憧れるメーカーだったからです。

CerveloにのってIRONMANレースに出場したいと思って購入しました。

実際に出場したIRONMANレースのレポートを掲載しました↓

第1回IRONMANイタリアEMILIA-ROMAGNA2017のレースレポート

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

トライアスロンデビューするまでには沢山の道具を揃える必要があります。

中でもウエイトが大きいのがバイクです。

この記事を読んで参考にしてもらえれば幸いです。

IRONMANレースの練習ガイド・テクニックも掲載しました(有料)

IRONMANレース練習ガイド・テクニック(経験則から語ります)

初めてIRONMANレースに出場したい人向けに練習や細かいレーステクニックを掲載しています。

IRONMAN3戦3回フィニッシュした実体験からの内容となります。

自転車保険に加入しましょう!

万が一の際に必要なのが保険です。

ロードバイクは自転車と違って高速巡行出来る乗り物です。

何かがあってからでは遅いので、保険には加入しておきましょう。

ロードサービス付の保険がロードバイクではメリットが高いですよ。

詳しくは下記からご覧ください↓

【Cycle Call】自転車用のロードサービスの申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です