「エアロバイクでダイエット」有酸素効果が期待出来るし長時間運動可能です。

エアロバイクはどんな物

ジムでよく見る自転車の形をしたものがエアロバイクです。

別名はフィットネスバイクと呼ばれます。

エアロバイクのメリットは自宅で簡単に出来る事です。

ジムに通う時間が無い人や、リモートで隙間時間を狙い気軽に行なえます。

ダイエットに大切な有酸素効果を発揮するのがエアロバイク。

健康に気を使う現代では、エアロバイクは話題の1つです。

目次

自宅で出来るエアロバイクのオススメは?

自宅で出来るエアロバイクのオススメは?

結論はFITBOX 第3世代フィットネスバイク静音です。

メーカー1年保証付

楽天総合1位

累計販売台数70000大突破

新世代マグネット負荷調節

90分連続使用

エクササイズセンサー付

業界最短クラスの20分組立

1年保証がつき、楽天市場では総合1位の実績があるのがFITBOX 。

新世代マグネット負荷調節で、摩擦音が無く静音性が高いと評価されています。

最新の人間工学に基づいて設計され、膝に優し設計。

エクササイズセンサーを搭載し「時間・速度・距離・カロリー・心拍数」をスキャンするで数値化出来て便利。

90分の連続使用が可能で、長時間の有酸素運動に対応可能です。

詳しくは下記記事に掲載からどうぞ。

ダイエットに最適なエアロバイクは筋トレより行ないやすい

ダイエットに最適なエアロバイクは筋トレより行ないやすい

筋トレでダイエットしたけど上手くいかない。。。

こんな悩みが多くありますが、エアロバイクは気軽で有酸素効果が高いです。

つまり脂肪燃焼効果に期待が出来ます。

筋トレのようにキツーいトレーニングとは違い、自宅で簡単に出来るので移動時間もありません。

準備や移動に時間を使わずサッと運動可能で、モチベーションアップにも繋がります。

エアロバイクがダイエットに適している理由

エアロバイクがダイエットに適している理由

長時間出来る有酸素運動だからダイエット効果が高い

エアロバイクのダイエット効果が高いのは、長時間有酸素運動が可能だからです。

筋トレで無酸素運動を行なうと糖質をエネルギーに使いますが、有酸素運動なら脂肪燃焼効果が高まります。

脂肪は蓄積して体内にたまるので、有酸素運動で燃やすことでダイエットになりますよね。

同じ有酸素運動でジョギングの場合、膝に負担がかかり持続することが難しいです。

エアロバイクはペダルを回す円運動で膝の負担も少ないです。

より効果的にダイエットに期待が出来るのが、エアロバイクの特徴。

発汗作用もあり新陳代謝が高まります。

負荷の調整をコントロールしやすいのでダイエット効果が高い

エアロバイクもジョギングも心拍管理が重要です。

ところでジョギングで有酸素運動を行なうと、一定の心拍を保つことが難しいです。

なぜなら、心拍以外に膝の負担があるからです。

前半は良いペースでも、後半は落ちることもしばしば。

比べてエアロバイクは、心拍数をモニターでチェックして負荷を変動させるだけ。

身体への負担も少なく、ジョギングより「正確で効率的」に心拍数をコントロール出来ます。

有酸素運動に適した心拍数を保つ事で、安定したダイエットが可能。

FITBOXのお買い求めは今すぐこちらから。

エアロバイクなら筋肥大を気にしなくて大丈夫

エアロバイクなら筋肥大を気にしなくて大丈夫

エアロバイクでダイエットすると美脚・くびれ効果がある

円運動の恩恵は、美脚とくびれ効果です。

有酸素運動場合の負荷は、重い負荷をかけないので足が筋肥大しません。

長時間回すことで、ほどよくシャープな脚にする事が可能です。

無駄な脂肪を落とし、しなやかな筋肉が付くので美脚を目指せます。

円運動を行なうとき脚を引き上げます。

引き上げるときに使う筋肉がちょうよう筋と言って、太股から脇腹にかけての筋肉です。

ちょうよう筋を使う事で脇腹の脂肪燃焼効果にも期待が出来ますよ。

エアロバイクダイエットの脂肪燃焼効率

エアロバイクダイエットの脂肪燃焼効率

エアロバイクは消費カロリーは

エアロバイクで有酸素運動を行なうと負荷は4.8Metsです。

長時間回すことが可能な数字で、カロリーを計算する数式は下記にあります。

消費カロリーkcal=体重× METs × 時間 ×1.05

例えば体重50kgの人が30分4.8Metsでエアロバイクを回すと

50kg×4.8Mets×0.5時間×1.05=126キロカロリー

体重を1kg落とすために使うカロリーは7200キロカロリーです。

57回相当ですが心配いりません。

カロリー+必要な筋力アップ-脂肪燃焼効果で、カロリー以上にしなやかな肉体になる恩恵があります。

はじめは30分でも、回数を重ね時間を60分に伸ばせば効果は、カロリー以上に期待出来ます。

効率良く「長時間回せるエアロバイク」だからこそ可能な事なんです。

FITBOXのお買い求めはこちらから。

ウォーキングとエアロバイクを比較すると

ウォーキングの場合の運動強度は3.5Metsです。

同じように体重50kgの人が30分歩いた場合を計算すると

50kg×3.5Mets×0.5時間×1.05= 92キロカロリーです。

エアロバイクの方が消費カロリ-が高い事です。

ジョギングは9Metsですが、ダイエット初心者が長時間走り続ける事は消費カロリーが多くても理想的ではありません。

ダイエットする前に故障しますよね。

ウォーキングより消費カロリーが高く、ジョギングより継続が可能なエアロバイクが有酸素運動で効率的だと分かります。

ダイエットにエアロバイクを使うのが良い点

ダイエットにエアロバイクを使うのが良い点

天気を気にせず自宅で簡単に開始できる

ダイエットにエアロバイクを使うメリットは天気と時間です。

ウォーキングやジョギングを行なう場合に外に出ます。

もしかすると雨が降ってくるかもしれないとトレーニングが出来ずに終了することもあります。

エアロバイクは室内で行えるので天気の心配がありません。

設置しておけば簡単に部屋着で始められるので、ダイエットのハードルが下がります。

余計な悩みがない文、継続しやすいですよね。

時間も夜暗くなると、歩いたり走ったりするには不安があります。

静音性の高いマシンなら、夜に行なってもほとんど影響しません。

FITBOXの計測数値は30デシベルで「深夜での郊外・ささやく声」位です。

FITBOXのお買い求めはこちらから。

ながら運動が出来るから退屈しない

部屋で行なうエアロバイクは、ながら運動が可能です。

目の前にテレビがあれば、観ながらダイエットも可能。

例えば利用頻度が高い「Amazon」で、映画や音楽・Kindleで読書しながらエアロバイクを回すと、時間は短く感じます。

趣味を交えて有酸素運動が出来るなら、効率的で長続き出来ますよ。

ダイエットにエアロバイクを初心者が使う理由

ダイエットにエアロバイクを初心者が使う理由

結論は敷居が低いことです。

自転車と同くペダルを回すだけで、誰でも簡単に行えます。

筋トレもジョギングも動きや技術が必要ですが、エアロバイクは簡単。

モニターで時間・心拍数・ペースも分かりますのでコントロールしやすいです。

有酸素運動において一定のペース・心拍数を保つ事が大切です。

エアロバイクのモニターで数値を確認して、負荷をコントロールすれば一定のペースを維持出来ます。

つまり効率良く有酸素運動効果が高まります。

例えば同じ有酸素でもスイミングだと泳ぐ技術が必要です。

スキルを磨かないと出来ないので挫折しますよね。

その点エアロバイクはペダルを回すだけ、スキルは必要ありません。

なのでダイエットにエアロバイクを使う事がオススメです。

ダイエットでエアロバイクを使う方法

ダイエットでエアロバイクを使う方法

まずは軽い負荷で行ない体を慣らす

エアロバイクを購入したら、最初は無理せずカラダを慣らしましょう。

いきなりダイエットしようと必死にペダルを回しても長続きしません。

そもそもカラダがついて行かず、怪我のリスクが増えてしまいます。

継続して行なう事に意味があり、最初は「楽だな」と思うくらいで丁度良いです。

ペダルを楽にクルクル回すことを心がけましょう。

30分楽に回してみる

最初は30分間、楽に回してみましょう。

脂肪燃焼効果が高まるのは開始20分後です。

ペダルを回しカロリーは消費していますが、脂肪燃焼を促すために先ずは30分目指して行なってみてください。

もし30分行なって「キツいな」と感じた場合は負荷が強すぎます。

負荷を下げて楽に行えるレベルを自身で探してみてください。

慣れてきたら40分・50分・60分と時間を増やします。

焦らず行なう事が長続きするコツです。

しっかり心拍管理を行なう事

エアロバイクで効率良くダイエットする方法は心拍管理です。

なぜなら有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いですが、無酸素運動になると糖質が燃えるからです。

出来れば確実に有酸素効果が高い所でダイエットしたいですよね。

効率良く有酸素効果が高い心拍数は50~70%です。

心拍数の数字は(220-年齢)×50~70%( 0.5~0.7 )で計算できます。

例えば年齢が30歳なら(220-30)×0.5~0.7=95~133

心拍数を95~133でコントロールする必要があります。

最初は50%から始めて徐々に70%に近づけると良いです。

ポイントはハァハァ息切れしたら心拍数があがりすぎです。

数値をモニターで確認しながら行ないましょう。

ダイエットでエアロバイクを行なうなら2日に1回から

ダイエットでエアロバイクを行なうなら2日に1回から

ダイエットに励むならエアロバイクは2日に1回が理想です。

例えば週1で30分間を1年間おこなった場合1440分で24時間。

週3回(2日に1回)行なうと4320分で72時間です。

48時間の差が出て、回数では週1が48回に対して週3なら144回です。

数字でみると明らかに違いが出ます。

回数は多いに越したことはありませんが、継続して行なう事が重要です。

毎日やり過ぎて疲労困憊になり、止めてしまうと意味がありません。

なので2日に1回(週3回)くらいが目安になります。

サドルの高さを調整して効率をあげる

エアロバイクのサドルを調整しましょう。

ポイントは低すぎないように調整することです。

サドルが低いと効率良くペダルが回せず、膝に負担がかかります。

ポイントはMAXで膝の角度が15度を基準に調整することです。

あまり高すぎても膝に負担がかかるので、体型や柔軟性に合わせて調整しましょう。

サドルを高くするメリットは、お腹の「ふところ」が深く取れます。

回しやすく姿勢も良くなり、体幹も使ってエアロバイクを回せます。

夕食前が脂肪を燃やしやすい

ダイエットでエアロバイクを行なうなら夕食前がオススメ。

なぜなら、1番空腹になっている時間帯だからです。

糖質が減っていれば脂肪をエネルギーに使うので効果的。

もしかすると、朝の方がもっと空腹なのでは?と思うかもしれません。

確かに朝の方が空腹になっているかもしれませんが、カラダが目覚めていない状態です。

寝起きの運動はやる気も出ないし、カラダも思うように動きませんよね。

寝ている間に水分も失われていて、血液の循環も良くありません。

なので効率的ではありません。

もし朝に行なう場合はしっかり水分補給をし、ストレッチを行ないしっかり目覚めてから行ないましょう。

筋トレ+エアロバイクで効果アップ

エアロバイクの他に筋トレを行なうとダイエット効果が高まります。

なぜなら、筋肉量が増えれば代謝が上がるからです。

車のエンジンと同じで、排気量が多いほどガソリンを使います。

筋肉量が多いほど、エネルギーの使用料も増えるので筋トレもおこないましょう。

順番は筋トレ→エアロバイクが効率的です。

筋トレでカラダが温まり、エアロバイクで有酸素効果が一層高まります。

上半身を筋トレで、下半身をエアロバイクで鍛えることで全身運動にもなりますね。

エアロバイクを使う際に気をつけること

エアロバイクを使う際に気をつけること

ごく稀にエアロバイクが合わないケースもあります。

合わない場合にも、姿勢が悪かったりセッティングに問題がある可能性もあるので、購入先に相談してみましょう。

アップとクールダウンを行なう事

エアロバイクを使用する際には必ずウォーミングアップとクールダウンを行ないましょう。

ウォーミングアップを行なわず、始めると怪我の原因にもなります。

まずは低負荷でゆっくり回して、カラダを温めることが大切です。

クールダウンも重要です。

あがった心拍数を徐々に落とすことで、カラダへの負担を減らします。

クールダウンを行なわず、いきなり止めるとカラダがびっくりします。

頭がふらついたり、呼吸が不規則になりますのでしっかり行ないましょう。

まとめ

まとめ

ダイエットでエアロバイクを使う方法を解説していきました。

記事を読んでエアロバイクをやってみようかな?と思った人もいるかもしれません。

思ったその日に始めることが1番大切です。

いくら知識を入れても行動しないとダイエットは始まりません。

まずは1歩前に進みエアロバイクで運動を試して見てはいかがでしょうか?

FITBOXのお買い求めは今すぐこちらから。

この記事を読んだ方におすすめ

エアロバイクの他にもダイエットに関係する記事が読みたい人はチェックしてみてください。

自己流のダイエットで失敗するには理由があります。

ダイエットする方法は様々ですが方法は至ってシンプルです。

余計なダイエット方法で間違った事をしていませんか?

ダイエットで気になるのが「お腹周り」ですが腹筋って嫌いですよね?

そんな腹筋が嫌いな人でお腹周りが気になる人はチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、セキシゲです。
このサイトではブログ初心者のサイト設計スキル/ダイエット/健康/カラダ/について書いていきます。
ブログ歴は3年目。
趣味はIRONMAN.

コメント

コメントする

目次
閉じる